Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sublime Text役にたつ機能(更新中)

More than 1 year has passed since last update.

Sublime Textの基本機能

検索

    Find… ファイル内の検索
    Ctrl(Cmd) + F

置換

    Replace… ファイル内の検索・置換
    Ctrl + H (Cmd + opt + F)

マクロ機能

STにはマクロ機能もデフォルトで備わっています。
自分が行った操作(コマンドの組み合わせ等)を記録しておける機能です。
もちろんショートカットキーを割り当てることもできます。

Record Macro/Stop Recording Macro マクロの記録を開始・終了する
Ctrl(Control) + Q
メニューのTools > Record Macro またはショートカットキーCtrl(Control) + Qでマクロの記録を開始します。
ここから記録終了までの操作がマクロとして記録されます。

Tools > Stop Record Macro かもう一度Ctrl(Control) + Qを押すとマクロの記録を終了します。

保存しない限りマクロは直近の1つしか記録できません。また、保存せずにSTを閉じると記録したマクロは消えるので注意が必要です。

Playback Macro 記録したマクロを実行する
Ctrl(Control) + Shift + Q
Tools > Playback Macro で記録した直近のマクロを実行します。

Save Macro… マクロを保存する
Tools > Save Macro… をクリックするとマクロを保存できます。拡張子は「.sublime-macro」にします。
保存する場所はPackages/User以下にします。User以下にフォルダを作って入れても構いません。

例: mymacro.sublime-macro

マクロをキーボードショートカットに登録する
保存したマクロはTools > Macros から実行できますが、よく使うものはショートカットキーを割り当てた方が便利ですよね。

キーボードショートカットはSublime Text > Preferences > Key Bindings – User で自分用にカスタマイズすることができます。

例えば、「Cmd + Shift + Opt + :」にmymacro.sublime-macroというマクロを登録したい場合は、Key Bindings – User に以下を追記します。

{
"keys": ["super+shift+alt+:"],
"command": "run_macro_file",
"args": {"file": "Packages/User/mymacro.sublime-macro"}
}
※commandキーはsuperと書きます。

これで登録したマクロをショートカットキーで使えるようになります。

マクロはプラグインなどと組み合わせることもできるので、アイディア次第でいくらでも応用可能です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした