Edited at

各社の Kubernetes Service のサポートやメンテナンスに関する現状整理


はじめに

Kubernetes は約3ヵ月ごとにマイナーバージョンがリリースされていますが、

それに対する各社のクラウドサービスでのサポートやメンテナンスに関する現状を確認します。

2019/01/09 時点のスナップショットをとって、明記されている、確認できたものを抜粋します。


一覧

Kubernetes のバージョンは、以下のようにカテゴリされます。

バージョンアップという意味では、マイナーバージョンのアップグレードという意図で書きました。


  • Major : 1.x.x

  • Minor : x.9.x

  • Patch : x.x.4...

「-」は、記述が見つけられなかった部分です。

また、表の中の「最新」は、「各サービス内で直近に GA された」を意図しています。

項目
IBM Cloud Kubernetes Service (IKS)
Google Kubernetes Engine (GKE)
Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (EKS)
Azure Kubernetes Service (AKS)

バージョンサポートポリシー
N-2(最新から3つ)まで
N-1(最新から2つ)まで
-
(現状をみると N-1 まで)
N-3(最新から4つ)まで

移行期間
最新ver導入後、30日
-
-
最新ver通知後、15 日

Master Node のマイナーバージョン更新タイミング
手動で更新開始
最新ver導入のたびに順次自動更新
(手動で更新開始も可)
最新ver導入のたびに順次自動更新
(手動で更新開始も可)
手動で更新開始
(N-4 になると N-3 に自動更新)

Worker Node のマイナーバージョン更新タイミング
手動で更新開始
・定期的な自動更新
(ウインドウ設定が可能)
Or
・手動で更新開始
(定期的な自動更新は無効化)
手動で更新開始
手動で更新開始

Worker Node のマイナーバージョン更新処理
ユーザーが設定したノード数内でローリングアップグレード
ユーザーが設定したノード数内でローリングアップグレード
ユーザーが設定したノード数内でローリングアップグレード
Azure 側で新しいノードを追加され、一度に 1 ノードずつ処理を実行

Version Support
IKS
GKE
EKS
AKS

~v1.9
2017年12年16日
リリース
X
2018年1年22日サポート開始
2018年12月7日サポート終了
(v1.12 サポート開始後、約30日間でサポート終了)
O
2018年2月5日サポート開始
2019年1月中にサポート終了予定
-
O

v1.10
2018年3月27日
リリース
O
2018年5月3日サポート開始
O
2018年5月15日サポート開始
O
O

v1.11
2018年6月28日リリース
O
2018年8月14日サポート開始
O
2018年10月30日サポート開始
O
O

v1.12
2018年9月28日リリース
O
2018年11月7日サポート開始
-
-
-

v1.13
2018年12月4日
リリース
-
-
-
-

参考リンク1
Version information and update actions
Versioning and Upgrades
Platform Versions
Azure Kubernetes Service でサポートされている Kubernetes のバージョン

参考リンク2
Updating clusters, worker nodes, and add-ons
Upgrading a Cluster
Updating an Amazon EKS Cluster - Amazon EKS
Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターのアップグレード

参考リンク3

Auto-upgrading nodes
Worker Node Updates - Amazon EKS
kured を使用して Azure Kubernetes Service (AKS) のノードを更新および再起動する


さいごに

一覧にしてみると、サポートやメンテナンスポリシーに各社の特色が顕れている気がしました。

GKE の「Worker node auto-upgrades」は便利そうですが、設定に気をつけないとアプリが落ちることになりそうです。


なぜGKEのノード自動アップグレードでアプリケーションサービスが停止するのか - Qiita


Kubernetes クラスタを運用していくにも、やはり最低でも本番とテストの2クラスタは用意して、稼働確認をすることは必須だと感じました。