Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bluemix IaaS (旧SoftLayer) で CloudBerry Backupを使う

More than 1 year has passed since last update.

内容

CloudBerry Backupを使って、VSI(Windows)からBluemixのObject Storageにバックアップします。

概要

VSI(Windows)からObject Storageにバックアップするには、以下のルートを経由する方法があります。
もちろんオンプレミスからのバックアップの場合も、経路は同様です。

  • Bluemix IaaS (旧SoftLayer)
    • 1 - Public NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス
    • 2 - Public NW 経由でS3 APIベースのエンドポイントにアクセス
    • 3 - Private NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス
    • 4 - Private NW 経由でS3 APIベースのエンドポイントにアクセス
  • Bluemix Public (PaaS)
    • 5 - Public NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス

Screen Shot 2017-04-10 at 21.42.14.png

引用:Bluemix IaaS (旧SoftLayer) で ExpanDriveを使う - Qiita

CloudBerry Backup 準備

上記のすべての経路に対応しているため、Bluemix IaaS (旧SoftLayer) でも非常に使いやすいソフトです。

クラウドストレージへのバックアップツール -CloudBerry Backup
CloudBerry Backupは、Windows環境で暗号化および圧縮したデータを、クラウドへバックアップできるように設計されています。
CloudBerry Backupのユーザ・フレンドリなインタフェイスから、簡単にバックアップ計画の作成とデータのリストアが実施できます。
CloudBerry Backupは、Amazon S3, Amazon Glacier, Windows Azure, Google Storage, SoftLayer, NIFTY Cloud, OpenStack/CloudStack, vCloud Airなど40以上のパブリック・クラウド・ストレージをサポートします。

Download CloudBerry Backup から試用版をダウンロードして試してみます。
20170516_cloud_berry_qiita_01.png

アクティベーションコードが発行されますので、メモしておき、あとで使います。
20170516_cloud_berry_qiita_02.png

インストールします。
20170516_cloud_berry_qiita_03.png20170516_cloud_berry_qiita_04.png20170516_cloud_berry_qiita_05.png

アクティベーションコードを入力して、トライアルを開始します。
20170516_cloud_berry_qiita_06.png20170516_cloud_berry_qiita_07.png
20170516_cloud_berry_qiita_08.png

日本語化しておきます。(設定後、アプリを再起動すると、日本語化されます。)
20170516_cloud_berry_qiita_09.png20170516_cloud_berry_qiita_10.png
20170516_cloud_berry_qiita_11.png

こちらからバックアップ先となるオブジェクトストレージに対する設定を追加していきます。
20170516_cloud_berry_qiita_12.png20170516_cloud_berry_qiita_13.png

Bluemix IaaS (旧SoftLayer)の場合

OpenStack Swiftベースの場合

Bluemix IaaS (旧SoftLayer)の画面から、エンドポイントの情報と認証情報をとってきましょう。
Storage > Object Storage > ACCOUNT NAME > Datacenter > View Credentials から情報を確認できます。
Screen Shot 2017-04-10 at 21.30.10.png

CloudBerryの設定

左図 右図
1 - Public NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス 3 - Private NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス

20170516_cloud_berry_qiita_14.png20170516_cloud_berry_qiita_16.png

S3 APIベースの場合

Storage > Object Storage > ACCOUNT NAME > Show Credentials から情報を確認できます。
Screen Shot 2017-04-10 at 21.33.06.png

CloudBerryの設定

左図 右図
2 - Public NW 経由でS3 APIベースのエンドポイントにアクセス 4 - Private NW 経由でS3 APIベースのエンドポイントにアクセス

20170516_cloud_berry_qiita_15.png20170516_cloud_berry_qiita_17.png

Bluemix Public (PaaS)の場合

Object Storageの準備

Bluemix Catalogから検索します。
20170516_cloud_berry_qiita_18.png

プランを選択し、作成します。
20170516_cloud_berry_qiita_19.png

サービスが作成されると、設定に使う資格情報をみることができます。
20170516_cloud_berry_qiita_20.png

CloudBerryの設定

5 - Public NW 経由でOpenStack Swiftベースのエンドポイントにアクセス

  • ユーザー名 = username の値
  • APIキー = password の値
  • 認証サービス = auth_url の値
  • Keystoneバージョン = v3 を試用
  • スコープを使用 = チェック
  • ドメイン名またはID = domainName または domainId の値
  • プロジェクト名またはID = projectName または projectId の値

20170516_cloud_berry_qiita_21.png

khayama
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、必ずしも私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away