LoginSignup
19

More than 5 years have passed since last update.

Amazon echoからLINEメッセージ送信

Last updated at Posted at 2018-02-27

はじめに

ようやくAmazon echo dotが手に入ったので、活用方法を探索しています。
まずAmazon echoからのLINEへメッセージ送信をIFTTTを使って簡単にやりたいと思いました。実現のためにひとクセあったので、同じポイントで悩んでいるかもしれないAmazon echo初心者向けに投稿します。
(この投稿はIFTTTアプリの紹介に過ぎません。)

IFTTTとは

IFTTTは、サービスとサービス、モノとサービスを紐付けしてくれるサービスです。
あるモノやサービスへの操作をトリガーに別のモノやサービスへ予め決めておいた操作を実行してくれます。
 https://ifttt.com/

以下はIFTTTアプリの設定の参考です。

準備

準備するもの

Amazon echo(dot)←言語設定は日本語
スマホ(iPhone)
IFTTTアプリ(iOS)

利用のためのポイント

  1. IFTTTのalexaの設定フレーズは、「1単語」または「1単語+助詞」×N(Nは1以上)の形にする。もちろん日本語で。
    Amazon echoへの呼びかけを考慮すると、助詞は「の」がおススメ。

  2. 諸々設定後、Amazon echoにはこう呼びかけて起動します。
    「アレクサ、〇〇(設定フレーズ)トリガー」

※「Alexa trigger 〇〇」ではありません。

利用ポイントをふまえた例

LINEで送るメッセージ IFTTTの設定フレーズ Amazon echoへの呼びかけ(IFTTTトリガー起動)
帰りにお茶買ってきてほしい お茶の アレクサ お茶のトリガー
帰りに牛乳買ってきてほしい 牛乳の アレクサ 牛乳のトリガー
今日ご飯作ってないの。外で食べてきて パパの外食の アレクサ パパの外食のトリガー
今日帰りに子供迎えに行って 子供のお迎えの アレクサ 子供のお迎えのトリガー

IFTTTからのLINEメッセージはこんな感じです。
image.png

IFTTTの設定

IF「Amazon Alexa」THEN「LINE」のレシピを作ります。

  • Amazon Alexa

「Say a specific phrase」を選びます。
「What phrase?」のおススメの設定は、利用のためのポイント1を参照。
image.png

  • LINE

「Send message」を選びます。他に選択肢ないです。
送るメッセージを決めましょう。
送信先はLINEグループになります。送りたいLINEグループを選びそのグループにはLINE Notifyをメンバーに追加する必要があります。
また、メッセージの送り手はLINE Notifyになります。
image.png

クセ

Amazon echoは言語設定日本語ですが、IFTTTは日本語をサポートしていないのです。(2018/2/22現在)
なので、IFTTTアプリ上の設定の記載が、Amazon echoの設定言語が英語前提のものだったりします。
「”Alexa trigger”+the phrase 」とか「Use lower-case characters only」とか。
これでいろいろと私は混乱しました。(「Alexa trigger 〇〇」と呼び続けてました。)が、この英文を気にせず、日本語で「利用のためのポイント」に記載した内容で設定すればよいです。

まとめ

以上 Amazon echoでIFTTTのトリガー起動にひとクセあったよ、という話でした。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
19