Help us understand the problem. What is going on with this article?

Swiftで #define (マクロ)を使う

More than 5 years have passed since last update.

Objective-Cでは使えていた #define がSwiftになって使えなくなったように見えるのですが、Swiftベースのプロジェクトでも使うことは可能なようです。

Xcodeでプロジェクトを作成する際にLanguage:Swiftを選択すると .pchファイル 自体が作られないないですし、Swiftのみでは #define を使うことはできません。

ですが、Objective-Cと共存可能という特性を利用すれば、Swiftから #define 定義されたマクロを使えるようになりました。

以下試した手順です。


1: Swiftベースのプロジェクトに.pchファイルを追加

.pchファイルの作成

2: Bridging-Header.hファイルをプロジェクトに追加

Bridging-Header.hファイルの追加

※今回はとりあえずObjective-Cのファイルを作成しています。

3: Bridging-Header.hファイルで.pchファイルをimport

SwiftMacroSample-Bridging-Header.h
#import "PrefixHeader.pch"

Bridging-Header.hファイルでimport

4: .pchファイルにて #define を定義

PrefixHeader.pch
#define MESSAGE  @"HELLO!"

#defineを定義

5: Swiftから呼び出し(実行結果)

ViewController.swift
println(MESSAGE)

実行結果

HELLO!

以上で.swiftファイル内でマクロ名が使えるようになりました。

keygx
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした