PHP

PHPメモ:ORMとは

ORマッパーとは

オブジェクト関係マッピングのこと
データベースとオブジェクト指向言語間の非相互なデータを変換するプログラミング技法

オブジェクト関連マッピングとも呼ぶ

laravelの場合

DBクラスを利用したやり方は、基本的にDBへSQLクエリを送信しているということになる。
SQLに慣れている人の場合は見やすいかもしれないが、そうでない人にはPHPファイルの中に
PHPではない言語のSQL文が書かれているので、読みにくいということになる。

PHPを少し修正しただけでも、そのPHPのコードに関係するSQL文を修正しなければいけなくなり、
とても使いにくい。

DBからのデータの取得もPHPだけで行えるならその方がすっきりする。

オブジェクト指向言語ではこのような場合は「ORM」を利用する。
ORMとはPHPなどのオブジェクトとリレーショナルデータベース間のデータの間をマッピングする技術で、DBテーブル上にあるデータをオブジェクトに変換したり、PHPのオブジェクトをそのままDBに変換し、登録できる機能を提供している。

つまりはPHPファイル上でSQLを書かなくていいということである。

Laravelの場合はEloquentがORMの機能を提供している。