Help us understand the problem. What is going on with this article?

タイピングがGetWildのリズムになってしまうあなたへ

More than 1 year has passed since last update.

Get Wild Advent Calendar 2016 の9日目です。

はじめに

こんばんわ。
GetWild駆動開発日に日に盛り上がりをましていますね!
どの記事も本当に面白いですね^^

完全にROM専になっていたところ、突如代打の依頼が来まして...
現在12/9 22:40 GetWild聴きながら必死に記事を執筆しております f^^;

焦ってはいるのですが、GetWildを聴きすぎてだいぶ気持ちよくなっております!
まだまだ盛り上がって行きましょう!

GetWild聞いていますか?

みなさまもちろん聞いていますよね?
僕もPCを触りながら、常にGetWildを流しています。
そんなとき、ついついタイピングがGetWildのリズムになってしまうことありますよね?

ゲッワイエンターフ!ターン!(Enterキー)

っとリズムに乗ってしまいますよね?

GetWild駆動開発の記事を色々みていると、本当に色々なGetWildの使い方があるようなのですが、
やはり初心に戻って

GetWildのリズムに乗りながらタイピングする

をGo言語で解決してみようと思いました。

Demo

  1. まずはGetWildを流してください。
  2. ひたすらタイピング
  3. サビがきたら 「g → w → a → t → return」の順番でタイピングです!

pic.twitter.com/O1wSI4JHIA

— けんとけんと (@tansoken) 2016年12月9日

(動画だけみるとなんともシュールですね..w)

実装内容

■ (0)まず、ヘッドフォンをつけて、GetWildを流す

■ (1)terminalのapiを叩ける「termbox-go」を使います。

参考サイト: termbox-go 試してみた

■ (2)キーをタイプした時のエフェクトを考える

■ (3)今回表現が乏しく時間もなかったので、アスキーアートを簡単に作成できる下記のサイトにお世話になりました。

利用したサイト: AA変換(アスキーアート生成) Web便利ツール@ツールタロウ

まとめ

お粗末な動画でわかりずらいかもしれませんが、当人は実はかなりノリノリです。
どうしてもタイピングがGetWildになってしまったら、このアプリを起動して気持ちよく思う存分叩いてください!
自分で気持ちの良いエフェクトを作成するのも良いと思います。

それにしてもtermbox-goを使えば、terminal上で動かせる時間つぶしアプリ簡単に作れそうですね。
以上、明日からのGetWild駆動開発の記事楽しみにしております^^

下記にコードはおいておきます。
https://github.com/kentokento/GetWild

eure
オンラインデーティングサービス「Pairs」の運営・開発をしている企業。様々なモダンな技術を駆使してビジネスを成長させています。
https://eure.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした