Edited at
GetWildDay 9

タイピングがGetWildのリズムになってしまうあなたへ

Get Wild Advent Calendar 2016 の9日目です。


はじめに

こんばんわ。

GetWild駆動開発日に日に盛り上がりをましていますね!

どの記事も本当に面白いですね^^

完全にROM専になっていたところ、突如代打の依頼が来まして...

現在12/9 22:40 GetWild聴きながら必死に記事を執筆しております f^^;

焦ってはいるのですが、GetWildを聴きすぎてだいぶ気持ちよくなっております!

まだまだ盛り上がって行きましょう!


GetWild聞いていますか?

みなさまもちろん聞いていますよね?

僕もPCを触りながら、常にGetWildを流しています。

そんなとき、ついついタイピングがGetWildのリズムになってしまうことありますよね?


ゲッワイエンターフ!ターン!(Enterキー)

っとリズムに乗ってしまいますよね?

GetWild駆動開発の記事を色々みていると、本当に色々なGetWildの使い方があるようなのですが、

やはり初心に戻って


GetWildのリズムに乗りながらタイピングする

をGo言語で解決してみようと思いました。


Demo


  1. まずはGetWildを流してください。

  2. ひたすらタイピング

  3. サビがきたら 「g → w → a → t → return」の順番でタイピングです!


pic.twitter.com/O1wSI4JHIA

— けんとけんと (@tansoken) 2016年12月9日

(動画だけみるとなんともシュールですね..w)


実装内容

■ (0)まず、ヘッドフォンをつけて、GetWildを流す

■ (1)terminalのapiを叩ける「termbox-go」を使います。

参考サイト: termbox-go 試してみた

■ (2)キーをタイプした時のエフェクトを考える

■ (3)今回表現が乏しく時間もなかったので、アスキーアートを簡単に作成できる下記のサイトにお世話になりました。

利用したサイト: AA変換(アスキーアート生成) Web便利ツール@ツールタロウ


まとめ

お粗末な動画でわかりずらいかもしれませんが、当人は実はかなりノリノリです。

どうしてもタイピングがGetWildになってしまったら、このアプリを起動して気持ちよく思う存分叩いてください!

自分で気持ちの良いエフェクトを作成するのも良いと思います。

それにしてもtermbox-goを使えば、terminal上で動かせる時間つぶしアプリ簡単に作れそうですね。

以上、明日からのGetWild駆動開発の記事楽しみにしております^^

下記にコードはおいておきます。

https://github.com/kentokento/GetWild