Help us understand the problem. What is going on with this article?

1分で作るiOS9の広告ブロッカー

More than 3 years have passed since last update.

検証環境

Xcode 7.0 beta6 (7A192o)

手順

  1. Xcode7を起動します
  2. 適当に新規iOSアプリのプロジェクトを作ります
  3. File > New > Target を選択し、iOS > Application Extension > Content Blocker Extension を選択して適当な名前をつけます
  4. blockerList.json というファイルを適当に編集します。
  5. iOS Simulatorで2.で作成したアプリを起動します
  6. iOSのSettings > Safari > Content Blockers を開き、自分が作った Content Blocker がオンになっていることを確認します
  7. Safariを開いて、適当なwebサイトを開いて blockerList.json 通りに広告がブロックされてれば実装完了です。

たとえば Google の広告をブロックしたければ以下のように記述します

blockerList.json
[
    {
        "action": {
            "type": "block"
        },
        "trigger": {
            "url-filter": "googlesyndication.com"
        }
    }
]

このコンテントブロッカーをインストールした状態で、Safariで適当なサイトを開いてみましょう。
例えば・・・

Simulator Screen Shot 2015.08.28 13.12.54.png

これが・・

Simulator Screen Shot 2015.08.28 13.12.26.png

こうなる。うざいバナー広告が消えてうれしい()

blockerList.json の仕様

そもそもcontent blocker ってwebkitの機能みたいですね。特定のクッキーをブロックしたり、cssセレクタで指定した要素を非表示にしたり、といったことができるようです。

https://www.webkit.org/blog/3476/content-blockers-first-look/

その他の用途

ちなみに広告にかぎらず、たとえばエロサイトとか匿名掲示板へのアクセスをブロックして、子供向けのセーフブラウジング用のブロッカーを作ることもできます。

Safariで表示できるものは何でもブロックできるんで「広告ブロッカー」と名乗りつつ、さりげなく競合他社のドメインを仕込んでおいて炎上、みたいなことが起きそうですね・・

楽しみです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした