AWS
CloudFront
HTTPステータスコード
TECHPLAY
ボブ

うちのエンジニアが、400番のエラー画面の文言変えて遊んでやがる。仕事しろアホ。

この記事はパーソルキャリア Advent Calendar 2018の9日目です。


まず、Slackのやり取りを晒す

ad1.png

ad2.png

ad3.png


彼は何故こんな作業をしているのか

TECH PLAY では エラーページの出力にCloudFrontのカスタムエラーページを利用しています。

CloudFrontのOriginが異常系HTTPステータスコードを返すと、S3上に置いてあるHTMLファイルにてエラー画面を表示する仕組みになってます。

↓こんな感じの質素なエラー画面

ad7.png


カスタムエラーページの設定


  • ALBのOriginとは別にS3のOriginを作成

ad6.png


  • S3用のBehaviorを作成

ad4.png


  • ErrorPageを作成

コード毎に設定する必要があります。

スクリーンショット 2018-12-06 18.19.11.png

ad5.png


  • S3はこんな感じ

ad8.png


過ち


  • CSRFトークンエラーの時にServer側でHTTPステータスコード500を返してたので、CloudFrontのカスタムエラーページが表示されてしまい、Server Error サーバーで問題が発生しているためページを表示できません。 しばらく時間を置いてからやり直してください。 と表示されてしまっていた。


修正


  • CSRFトークンエラーを500 Server Errorとして表示するのは如何なものか

  • 400で返却しようぜ

  • 文言考えようぜ

  • 最初Slackに戻る

  • 無事作業終了


作業を終えた彼の感想

ad10.png

ということで


仕事しろアホ。みんな真面目に仕事してるんだ!

パーソルキャリア Advent Calendar 2018 9日目を終わります。