WordPress
トラブルシューティング

Wordpressで使い方&困ったときの対処法 16選

Ateam Hikkoshi Samurai Inc. Advent Calendar 2017 3日目です。
本日はエイチーム引越し侍 Webエンジニアの@kekiが担当します。

本日は「Advent Calendar 2017」の3日目記事として、Wordpressで使い方&困ったときの対処法16選をまとめたいと思います。皆様の制作に役立てば幸いです。

基本編

1. titleの内容を変更したい

管理画面の [設定] → [一般] → [サイトのタイトル] から編集可能です。
※ ここを修正してもなおらない場合はプラグイン(All in One SEO Pack等)で設定されている可能性があります。

2. サイトのキャッチフレーズを変更したい

管理画面の [設定] → [一般] → [キャッチフレーズ] から編集可能です。
※ ここを修正してもなおらない場合はプラグイン(All in One SEO Pack等)で設定されている可能性があります。

3. サイトのトップページを指定の固定ページにしたい

管理画面の [設定] → [表示設定] → [ホームページの設定] から設定可能です。
デフォルトは、「最新の投稿」になっていると思いますので、「固定ページ」を選び、ホームページに設定したいページを選べばOKです。

スクリーンショット 2017-11-19 20.00.42.png

4. バックアップをとりたい

万が一のことを想定してバックアップをとることは大事ですよね。
[ツール] → [バックアップ]メニューから定期的にバックアップをとっておきましょう。

スクリーンショット 2017-11-19 20.39.58.png

5. titleタグの内容を動的に変更したい

document_title_partsをフィルターフックすることで可能です。

function.php
function title_customizer ( $title ) {
  $title['tagline'] = '[カスタマイズタイトル]';
  return $title;
}
add_filter('document_title_parts', 'title_customizer');

これでもうまくいかない場合はこちらの内容をご確認下さい。

11. document_title_partsでフィルターフックしてもtitleタグが変更できない

トラブルシューティング編

6. Wordpress更新時、プラグインインストール時にFTP情報を求められる場合

Wordpressを更新したり、プラグインインストールする際にこんな画面が出て止まっちゃうこと良く有りますよね?

FTP情報求められる.png

そんなときは、wp-config.phpに以下の設定を追加しましょう。

wp-config.php
define('FS_METHOD','direct');

これで表示されなくなります。

7. 記事を間違えて更新してしまった

Wordpressは、修正履歴を保持してくれています。
記事の右上にある「リビジョン」をクリックしてみてください。

スクリーンショット 2017-11-19 20.32.27.png

どんな修正がされたか、履歴が残っています。
また、そのリビジョンに戻すことも出来ますので、修正が多い場合は、一旦戻すのも選択肢です。

スクリーンショット 2017-11-19 20.33.23.png

8. テーマの編集が出来ない

テーマの編集画面から、ファイルを編集しようとするときに、「ファイルを更新」ボタンが出てこない場合は、ファイルの書き込み権限を確認しましょう。

スクリーンショット 2017-11-19 19.35.26.png

パーミッションを666にすれば、間違いなく編集できるようになります。

chmod 666 [ファイル名]

9. メディアのアップロードが出来ない(最大アップロード制限にかかる)

php.iniの、upload_max_filesizeで設定できます。

php.ini
upload_max_filesize 10M

上記の場合、10Mbまでアップロード可能となります。

10. サイトのタイトル、キャッチフレーズを修正しても反映されない

「All in One SEO Pack」等のタイトル、キャッチフレーズを修正するプラグインが入っていませんか?

Wordpressでは、一般設定に設定されいているタイトル、キャッチフレーズを反映させた後で、
プラグイン処理が実行されますので、「All in One SEO Pack」等のプラグインが入っている場合は、そちらの設定で上書きされます。

11. document_title_partsでフィルターフックしてもtitleタグが変更できない

All in One SEO Pack プラグインを使っていると、document_title_partsをフィルターフックされた後でtitleが書き換えられてしまうので、
専用のaioseop_titleでフィルターフックを使用する必要があります。

function.php
function title_customizer($title){
  $title = 'ページタイトルを入力';
  return $title;
}
add_filter('aioseop_title', 'title_customizer');

12. 突然デザインが崩れた(cssがきかない)

サイトを見ると明らかにcssが利いていない。
管理画面のデザインも崩れる...

スクリーンショット 2017-11-19 19.42.53.png

これは、[設定] → [一般] → [Wordpressアドレス] 又は [サイトアドレス]を書き換えてしまったから起こる現象です。
こうなると...管理画面からログインすることすら出来なくなるので、そんなときは、サーバから直接以下の操作を行いましょう。

  1. wp-config.phpに記載してある、Wordpressのデータベース名、ユーザー、パスワード、ホスト名を控える

  2. 上記情報をもとに、mysqlにログイン

    mysql -u [ユーザ名] -p -h [ホスト名]

    ※ パスワードが設定されていない場合は-p不要
    ※ ホスト名がlocalhostの場合は-h [ホスト名]は不要

  3. データベースの選択

    use [データベース名];

  4. サービス名を直接書き換える
    以下のSQLを実行すると書き換えられます。

UPDATE wp_options SET option_value = '[URL]' WHERE option_id IN (1,2);

これでなおりました。

スクリーンショット 2017-11-19 19.55.01.png

13. 画面が真っ白になる

これはPHPの内部エラーが原因のケースがほとんどです。
直近でfunction.phpを修正したりしていませんか?
その修正を一旦元に戻せば、たいていなおります。

どうにもならなくなった場合は、バックアップからいったん戻しましょう。
バックアップも無い場合は...困りましたね。がんばってfunction.phpのデバッグをしましょう。

14. 記事を更新しても反映されない

まず疑うべきはキャッシュです。ブラウザのキャッシュは削除しましたか?

ブラウザキャッシュを削除しても反映されない場合は、
「WP Super Cache」等のキャッシュ系プラグインによってキャッシュされている可能性があります。
プラグインの設定画面からキャッシュを削除してみてください。
※ 削除方法はプラグインによって異なるのでここでは割愛します。

15. 記事の投稿日がおかしい

Timezoneの設定は間違っていないですか?
[設定] → [一般] → [タイムゾーン]の設定を確認してみてください。
英語版Wordpressをお使いの方は、タイムゾーンが東京になっていないケースがあります。

16. 画像の編集が出来ない

メディアライブラリから画像を編集しようとすると、「ご利用中のホスティング環境は画像の回転機能に対応していません。」と表示され、編集することが出来ないことがあります。

スクリーンショット 2017-11-19 23.43.06.png

サーバに、画像処理に必要gdライブラリがインストールされていないのが原因です。
以下のコマンドでgdライブラリをインストールすることでなおります。

yum install gd
yum install php-gd

最後に

Ateam Hikkoshi Samurai Inc. Advent Calendar 2017 3日目いかがでしたでしょうか。
明日はエイチーム引越し侍のエースエンジニア@zwirkyさんがコードリトリートのすゝめに関する記事を書いてくれます。
お楽しみに。

追伸

株式会社エイチーム引越し侍では、一緒にサイト改善をしてくれるWebエンジニアを募集しています。エイチームグループのエンジニアとして働きたい!という方は是非、以下のリンクから応募してください。
皆様からのご応募、お待ちしております!!

エイチームグループ採用サイト(Web開発エンジニア職)