Help us understand the problem. What is going on with this article?

Eclipse 4.5でRuby開発環境を整える

More than 3 years have passed since last update.

概要

Eclipse4.5を利用してRubyの環境を作成するまで。

実行環境

OS X El Capitan‎ 10.11.3
Eclipse 4.5

Ruby開発ツールをEclipse上にインストールする

「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」の画面を開く。
作業対象を "--すべての使用可能なサイト--" にしてしばらく待つと下記の画像のようになる。

EclipseRuby.png

「Ruby開発ツール」「Ruby Development Tools SDK」を選択し次へ進んでいく。

Eclipseの再起動

Eclipseを再起動されるように促されるので再起動を行う。

Rubyプロジェクトの作成が出来る事を確認する

「ファイル」→「新規 →「Rubyプロジェクトの作成」よりプロジェクトの作成を行う事が可能になっている。

EclipseRuby2.png

インタープリターの追加

次にインタープリターの追加を行う。
事前にrbenv等を利用してインストールを行っておく必要がある。
(参考)rbenvを使ってSinatraの実行環境を整えるまで

「Eclipse」→「環境設定」→「Ruby」→「インタープリター」の順に開いていく。

ruby_interpreter1.png

「追加」をクリックする。

ruby_interpreter2.png

下記の画面でインストールされているRubyのパスを選択する。

※私の場合はrbenvを使ってインストールしたので、/Users/nishimotokeita/.rbenv/shims/ruby を選択した。

ruby_interpreter3.png

Rubyプロジェクトを作成する

「ファイル」→「新規」→「Rubyプロジェクト」を選択する。

ruby_interpreter1.png

プロジェクト名を入力して「完了」をクリックする。
create_ruby_project2.png

これでEclipseでRubyの開発が出来るようになる。
元々Git上に管理されているRubyプロジェクトをEclipseに取り込みたい場合もある。
その場合は一度、Eclipseに通常のプロジェクトとしてインポートした後に、.buildpathと.projectを以下のように編集する事でRubyのプロジェクトと認識された。

※rubytestは自分のプロジェクト名に合わせてね。

.buildpath
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<buildpath>
    <buildpathentry kind="src" path=""/>
    <buildpathentry kind="con" path="org.eclipse.dltk.launching.INTERPRETER_CONTAINER"/>
</buildpath>
.project
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<projectDescription>
    <name>rubytest</name>
    <comment></comment>
    <projects>
    </projects>
    <buildSpec>
        <buildCommand>
            <name>org.eclipse.dltk.core.scriptbuilder</name>
            <arguments>
            </arguments>
        </buildCommand>
    </buildSpec>
    <natures>
        <nature>org.eclipse.dltk.ruby.core.nature</nature>
    </natures>
</projectDescription>
keitakn
フリーランスのWebエンジニア、 フロントエンド、バックエンド両方やります。🐱好きです🐱
https://github.com/keitakn/cv
readyfor
想いをつなぎ、叶える未来を、つくる READYFORのOrganizationです
https://tech.readyfor.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした