search
LoginSignup
11

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

rbenvを使ってSinatraの実行環境を整えるまで

概要

Rubyのバージョン管理が出来るツールrbenvを使ってRuby製フレームワーク、sinatraの実行環境を整えるまでのメモ。

実行環境

CentOS release 6.7 (Final)
64bit

rbenv + ruby-build インストール

インストール先はvagrantユーザーのホームディレクトリに.rbenvを作り、その中にインストールする。

# ディレクトリの作成を行う
$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins

# rvenvとruby-buildをgithubから取得する
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

# インストール用のシェルを実行する
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ ./install.sh

この段階でインストールは完了、次はrbenvコマンドのPathを通す。

ruby-buildを最新状態に更新する(2017-04-22 追記)

新しいRubyのバージョンがリリースされ、最新バージョンをインストールしたい時はruby-build自体を最新状態に更新してあげる必要がある。

ruby-buildの更新
cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
git fetch
git merge origin/master

環境変数の設定

以下を実行して.bash_profileにPathを通す。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

これでコマンドが利用出来るようになったハズなので確認。

[vagrant@localhost ~]$ rbenv --version
rbenv 1.0.0-14-gc388331

Rubyのインストール

インストール可能なバージョンを一覧で表示する。

rbenv install -l

今回は2.3.0をインストールする。

rbenv install 2.3.0

デフォルトで利用するRubyのバージョンを2.3.0にする。

rbenv global 2.3.0

※Rubyのインストール時に依存パッケージが足りないというエラーメッセージが表示される事がある。
私の環境では、opensslとreadline-develを入れるようにメッセージが表示されたのでインストールを行う。

sudo yum install openssl openssl-devel
sudo yum install readline-devel

ここまで来たら一度コマンドのPathやRubyのバージョンが変わっているかどうか確認を行ってみると良い。

[vagrant@dev ~]$ ruby -v
ruby 2.3.0p0 (2015-12-25 revision 53290) [x86_64-linux]

[vagrant@dev ~]$ which ruby
~/.rbenv/shims/ruby

[vagrant@dev ~]$ which gem
~/.rbenv/shims/gem

このように表示されたら上手くいっている。

sinatraのインストール

後で使うのでまずは、bundlerのインストールを行う。

rbenv exec gem install bundler

sinatra,sinatra-contribのインストールを行う。

rbenv exec gem install sinatra
rbenv exec gem install sinatra-contrib

※sinatra-contribはコードを変更した際に自動的に反映してくれるツール。

アプリケーションの起動

app.rb
require "sinatra"
require "sinatra/reloader"

get '/' do
  "hello world!"
end

以下のコマンドでアプリケーションを起動する。

ruby app.rb -o 192.168.33.33

http://192.168.33.33:4567 でアクセス出来れば成功。
※192.168.33.33はお使いのIPアドレスに合わせてね。

参考記事

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
11