Edited at

GoLandのインストールと基本設定(MacOS)


概要

MacOSでGoLangの開発を快適に行う環境構築をまとめた記事です。

ツールとしては GoLand を利用します。


対象読者


  • MacOSを所持している方

  • Linuxコマンドの基礎を理解しMacのターミナル操作が出来る方


前提条件

Homebrew がインストールされている前提でお話させて頂きます。


筆者の実行環境


  • MacOS Mojave


    • CPU 2.2 GHz Intel Core i7

    • メモリ 16GB




GoLangをMac上にインストールする

最初に brew update を実行してpackageを最新の状態にします。

続いて brew install go を実行します。

go version を実行し下記のように表示されれば成功です。

$ go version

go version go1.12.5 darwin/amd64

ちなみに複数のGoLangプロジェクトを運用していて各プロジェクト毎にバージョンが異なる場合は goenv 等を利用すると良いでしょう。

(参考)Mac に goenv を利用して Go をインストールする

MacOS上にGoをインストール一番の理由は後の説明で出てくる GoLand によるコード補完やリファクタリング機能を利用しやすくする為です。

Docker 等を利用してバージョンが異なる複数のGoLang実行環境を作る事はさほど難しくないので無理に goenv を利用しなくても良いというのが個人的な見解です。


GoLandをMac上にインストールする

JetBrains製のIDEです。

現時点ではこのGoLandを利用する方法が最も開発体験が良いという印象です。

一応 IntelliJ IDEA のGo Pluginを利用する方法でも、ほぼ同様の事が実現出来るので、そちらを使っても問題ありません。(使い方もほぼ同じです)

(参考)IntelliJ IDEAでGo言語(golang)を始める〜GOPATHの設定など

https://www.jetbrains.com/go/download/#section=mac よりダウンロードを行います。

インストール手順に関しては非常に簡単なので省略させて頂きます。(アプリケーションディレクトリにコピーするだけ)


GoLandの設定を行う

アプリケーションを起動します。

最初は設定がないと思いますので Do not import settings を選び次に進みます。

GoLand-settings-1.png


エディタの設定

ここは好みの領域になってきますが、私がいつもやっている設定を書いておきます。


Preferences → Editor → General


  • Ensure line feed at file end on Save - ON「行末の不要なスペースやタブを保存時に削除する」

GoLand-settings-2.png


Preferences Editor → General → Appearance


  • Show line number - ON「行番号の表示」

  • Show method separators - ON「メソッドの区切り線」

  • Show whitespaces - ON「空白の表示」

GoLand-settings-3.png


GoLandにGOROOTを認識させる

この記事の通りにやっていれば /usr/local/Cellar/go/1.12.5/libexec になります。

Go → GOROOTを選択すればサジェスト欄に出てくるので、それを選択します。

GoLand-settings-4.png

ただし goenv を利用しているとサジェストで出てこないので、 その場合は明示的に絶対パスを指定する必要があります。

下記の記事等を参考にすると良いでしょう。

(参考)GoLand のGOROOTにanyenv(goenv)内のgolangを指定する.


2019-09-10 追記

Go 1.13に対応する為に anyenv + goenv でGoLangのインストールを行いました。

anyenv install goenv

exec $SHELL -l
goenv install 1.13.0
goenv global 1.13.0

which go の結果は /Users/${username}/.anyenv/envs/goenv/shims/go となっていますが、これはシンボリックリンクで実体は /Users/${username}/.anyenv/envs/goenv/versions/1.13.0 にありますのでGoLandからは実体のパスを設定してあげる必要があります。

goenv.png


動作確認

動作確認用のプロジェクトを下記に用意しました。

https://github.com/keitakn/go-rest-api

上記のプロジェクトを自身のPCにダウンロードします。

git clone https://github.com/keitakn/go-rest-api.git

プロジェクトのインポートを行います。

「Open Project」より先程 git clone した動作確認用プロジェクトをインポートします。

import_project.png


Go Modulesを有効にする

このプロジェクトはGo Modulesをpackage管理として利用しています。

Go → Go Modules(vgo)からGo Modulesを有効にします。

GoLand-settings-5.png

プロジェクトルートで go build を実行して下さい。

IDEでのコード補完が有効になった事を確認出来るかと思います。


おまけ目に優しいTheme(Solarized Theme)をインストールする

PCに向かう時間が長いとブルーライトで目に悪影響があるので、一番目に優しいと言われているカラーテーマであるSolarized Themeをインストールし設定します。

Plugins から Solarized Theme と検索を行いインストールを行います。

SolarizedTheme1.png

Preferences → Appearance & Behavior → Appearanceから設定を行います。

SolarizedTheme2.png

こんな感じのThemeになります。

MacのNight Shift と組み合わせるとさらに目に優しくて良い感じです。

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。