GitHub
Tomcat
CI
openshift
kubernetes

OpenShift Onlineでtomcat上にhelloworld アプリを配備してみる(その2)

More than 1 year has passed since last update.

image.png

ども、keita69sawada です。

 OpenShift Onlineでtomcat上にhelloworld アプリを配備してみる(その1)
書き残した、「アプリケーションの更新&反映」です。

 じゃ、「簡単にアプリケーションの更新&反映ができるか試してみよう!」と
ウニウニしたがこの記事です。

対象読者

  • クラウドサービスを使ってWEBアプリケーションを動かしてみたい人。
  • RedHatのクラウドサービス(OpenShift)を触ってみたい人。
  • Tomcat上でJavaのWEBアプリを簡単に動かしてみたい人。

前提条件

  • GitHub.comのアカウントがある人。
  • GitBashをインストールしている人。
  • WindowsPCを使用している人。

全体概要

image

1. アプリケーションの修正とGitHubへのPush

OpenShift Onlineでtomcat上にhelloworld アプリを配備してみる(その1)でForkしたアプリケーション(os-sample-java-web/src/main/webapp/index.jsp)を適当に修正します。

今回はビックリマーク"!"を2つに増やしました。

2. GitHub.comへpushします。

2-1. 直接masterブランチへpushします。

コマンド
git add index.jsp
git commit index.jsp -m "「編集しました。」と画面に表示するように修正"
git push

2-2. GitHub.comにcommit内容が反映されています。

image

3. アプリケーションをビルドし、デプロイが自動で実施されていること確認(OpenShiftコンソール画面)

3-1. OpenShiftコンソール画面を開きます。

※ URLは利用登録時のメールに記載

例)
https://console.starter-us-west-2.openshift.com/console

3-2. アプリケーションをビルドします

「builds」から「Start Build」を選択します。

ビルドが完了した時点で、シャープ(#)の番号が1つ増え、「Status」が"Running"となります。

image

3-3. アプリケーションの公開(Create Route)

「Overview」にある">"をクリックし、Deploymentの詳細を表示します。

image

「Crete Route」をクリックします。

image

何も変更しない(デフォルトのまま)で「Create」ボタンを押します。

image

4. ブラウザから公開されたアプリケーションにアクセスします。

少し待ってから下記のリンクを押します。

image

ビックリマークが増え、更新されていることがわかります。

image

まとめ

アプリケーション開発者はアプリケーションを修正し、
git pushしてリポジトリに反映しておけば、
サービスが展開されるのでとても便利だと思います。

この手順だと、ビルドしたタイミングで古いアプリケーションに
アクセスできなくなると思うので、Podを複数用意して
ローリングアップデートが必要だなと感じました。
(OpenShitの機能はあるはずだが、調べれてない。。。)

参考URL