monaca

Swift で作成された Cordova プラグインのビルドについて

Monaca では、Cordova 6.5 以降のプロジェクトで Swift で作成された Cordova プラグインをビルドして利用することができます。

Cordova 6.5 プロジェクトでは Swift 3、Cordova 7.1 プロジェクトでは Swift 4 をサポートしています。

はじめに

Swift で作成された Cordova プラグインは、Monaca プロジェクトに組み込んだだけでは、下記のようなエラーでビルドが失敗します。

The “Swift Language Version” (SWIFT_VERSION) build setting must be set to a supported value for targets which use Swift. This setting can be set in the build settings editor.

Swift で作成された Cordova プラグインをビルドする場合は、対象の Swift バージョンを指定する必要があります。

Swift バージョンの指定方法

Monaca プロジェクトでビルド時に Swift バージョンを指定する場合は、Custom Config プラグインを利用して config.xml に設定を行います。

config.xml への設定例は、以下のようになります。

config.xmlの設定例
<platform name="ios">
  <preference name="ios-XCBuildConfiguration-SWIFT_VERSION" value="4"/>
</platform>

cordova-plugin-add-swift-support プラグインを使用する

Swift で作成された Cordova プラグインをビルドする場合、Custom Config プラグインを使用することで対応することは可能なのですが、cordova-plugin-add-swift-support プラグインを利用することでも対応可能です。

cordova-plugin-add-swift-support プラグインの利用方法は、README を参照してください。

cordova-plugin-add-swift-support プラグイン v1.7.2 の使用例は、以下のようになります。

v1.7.2の設定例
<platform name="ios">
  <preference name="UseSwiftLanguageVersion" value="4"/>
</platform>

おわりに

Swift で作成された Cordova プラグインをビルドした際に、Swift のバージョンに関するエラーが表示された場合は、一度、Swift バージョン設定を確認してみてください。