Posted at

VimmerのためのCommon Lisp環境構築(Neovim + vlime編)


はじめに

この記事はVimmerな人たちのためのCommonLisp環境構築(slimv編)のvlime編です。

今回はNeovim+vlimeな環境をLinux上で構築してみます。


前提とする環境


  • OS : Ubuntu 18.04 64bit


インストール手順


Gitのインストール

sudo apt install git


Lisp処理系のインストール

sudo apt install sbcl


Neovimのインストール

sudo apt install neovim


vim-plugとvlimeのインストール

今回はプラグインマネージャとしてvim-plugを使ってみます。

個人的にはインストールの簡単さとシンプルさがイイです。

インストール手順にしたがってインストールします。

curl -fLo ~/.local/share/nvim/site/autoload/plug.vim --create-dirs \

https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim

設定ファイルにvim-plugとvlimeを利用するための設定を追加します。

:e ~/.config/nvim/init.vim

以下を追記します。

call plug#begin('~/.vim/plugged')

" vlime
Plug 'l04m33/vlime', {'rtp' : 'vim/'}
call plug#end()

保存手からNeovimを再起動して以下を実行することでvlimeがインストールされます。

:PlugInstall


vlimeを使う

vlimeではslimvと異なり、サーバを別途立ち上げてそこにNeovimから接続しに行きます。


Neovimの外でサーバを立ち上げる操作が必要です。

サーバを立ち上げます。

cd ~/.vim/plugged/vlime/lisp

sbcl --load start-vlime.lisp

こんなかんじの表示がでたらOK

*  <INFO> [16:01:45] vlime-usocket - Server created: (#(127 0 0 1) 7002)

Neovimを立ち上げて適当な.lispファイルを開きます。

:e ~/test.lisp

\rrでREPLに接続できます。

適当にS式を書いて。。。

(defun hello (name)

(format t "Hello ~A!" name))

(hello "kedama")

\\oeでカーソル下のS式をコンパイルします。

--

; compiling (DEFUN HELLO ...)--

\\seでカーソル下のS式を評価します。

Hello kedama!

NIL


基本的な使い方まとめ



  • \\rr : REPLに接続する


  • \\ss : カーソル下のS式またはアトムを評価する


  • \\se : カーソル下のS式を評価する


  • \\sa : カーソル下のアトムを評価する


  • \\oe : カーソル下のフォームををコンパイルする


  • \\rs : サーバを停止する。

詳細は:help vlimeを参照してください。