Help us understand the problem. What is going on with this article?

R Markdownで生成するhtml内に画像データなどを組み込まない

More than 3 years have passed since last update.

この記事の目的

私が大好きなRMarkdownについて、Tipsを集中的に連載しようという思いつきの企画です。あと自分の中で進めている別企画のメモという位置づけでもあります。なので大した中身はありません

R Markdownとは

Markdown記法をベースに、チャンクという形でRのコードを記述して評価・出力することができるものです。RStudioのクイックリファレンスでは以下のように説明してあります:

R Markdown is an easy-to-write plain text format for creating dynamic documents and reports.

self-contained

R Markdownのデフォルトでは、出力された画像などは自動的にbase64でhtmlファイルに組み込まれます。単一ファイルで完結するので持ち運びや公開が便利です。

ですが、すっごい量のテキストデータ(しかもhtml本体ではない)になります。こうなると、あとからhtmlを確認しようとするときに大変です。苦痛です。面倒です。場合によっては解除したくなります。

これはpandoc--self-containedで実現しています。したがってpandocにこのスイッチを入れないようにすればいいです。R MarkdownでこれをOFFにするには、Rmdのyamlチャンク部分を編集してください:

---
title: "hogehoge"
output:
  html_document:
    self_contained: false
---
この場合、生成された出力などは作業ディレクトリ内にfig用ディレクトリが作成されて保存されます。htmlはすっきりしますが相対パスに気をつけるようにしてください。

Enjoy!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした