Help us understand the problem. What is going on with this article?

IoTアプリをつくりたいと思ったあとにまず試すべきBLE開発Kitたち

More than 5 years have passed since last update.

iOS/Androidアプリはつくれるけど、最近流行りのIoTの波にも乗りたい。そういうときに、BLEとIoTデバイスとの通信部分がつくれることが必須になってきました。

どっちかって言うと日曜大工ではなく、実際にプロダクトとして開発したい人向けにまとめています。

自分もまだまだ始めたばかりですので、このBLEモジュールいいよ、とかこの開発環境がつくりやすいよ、などありましたらご教授いただけると幸いですm(_ _)m

例によって随時更新!

BLE開発環境

1. 浅草ギ研

asagi

  • BLESerialというマイコンとシリアル通信することを前提にしたBLEモジュールを販売しています。秋葉原にいけるなら千石やツクモのロボット王国で見つけることができます。
  • ArduinoとiOS/Androidとを連携している記事公開されており、サンプルコードもダウンロードできるので、これで一瞬でプロトタイピングが開始できます。実際のガチ試作品でBLE使いたいってなったときの一番の選択肢になるかと。オススメです。
  • 実際に積んであるBLEモジュールはBL600のようです。

2. 株式会社アプリックス

aplix

  • iBeaconをお手軽に入手したいならMyBeacon Funが便利です。専用アプリでUUIDとmajor、minorを設定してすぐアプリ開発ができます。ブレッドボードにつないでArduinoで発信タイミングなどを制御するのも簡単です。発送も速かったです。他のBeaconについては、個人でお問い合わせしても全然返信くれないので、企業のアドレスで連絡するといいと思います。
  • 正直これだけで受託系いける気がします。major/minor値を好きにいじれるのでiOSアプリでそれを受け取りWordpressで用意したページを表示するなど、色々やり用があります。この場合ハード側の開発はいらないですし(アプリックスで購入し、アプリックス製設定アプリで値を設定し店舗におくだけ)。

3. 株式会社Braveridge

braveridge

4. Bluegiga

bluegiga

5. konashi

konashi

  • konashiというjavascriptも使えるArduinoみたいなプロトタイピングボードが購入できます。これだけでBLEを使ってiOSアプリと通信できるSDKみたいなものが使えるようになるので便利そうです。

6. mbed@MKnkgw thx!)

mbed

  • mbedのシリーズでもBLEを搭載しているものがあります。Switch Scienceで購入できます。サンプルもダウンロードできるみたいで、mbedなのでいろんな方がソースをアップロードしてるのがいいですね。ちなみにBLEモジュールはNordic。

7. Blend Micro (@diskogs thx!)

blend

  • Arduino互換でNordic製のBLEを搭載している開発キットがあるみたいです。iOS/Androidで動かしている動画も配信されています。BLEとマイコンがセットになっていて34ドルくらいだったので、浅草ギ研のBLEを買うよりもコスト的にはいいかもです。

ベンダー

  1. Laird
  2. NORDIC

以上です。見つけたら随時追加させていただきます(`・ω・´)ゞ

こんな記事も書いてます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした