Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac OS Xでsshでサーバーへ接続

More than 3 years have passed since last update.

書いてる人

プログラミング学習サービスやら、ペットサロン予約サービス、風俗検索サービスなど色々とやっている「かずきち」です。
■運営サービス一部
http://crazy-wp.com/
http://webukatu.com/
新宿のホストから不動産・保険の営業を経て、HTMLって何?という状態から3ヶ月独学でプログラミングやデザインを学び、IT業界で1年間実務経験を積んで年収は1本超え。現在は起業家としてサービス運営やら不動産運営をしています。
Qiita内にそれ系の記事も書いてます。
エンジニアで稼ぐために大切な13のコト
WEBサービスで起業したい人に読んで欲しい18のコト

Mac OS X の場合、標準で ssh クライアントソフトがついている。

1.「Terminal」 を開く
UNIX 系のシステムではおなじみの、tcsh シェルが起動する。
 
2.次のように入力することで ssh 接続をすることが出来る。

ssh -l login_user hostname

ここで、-l オプションに続くlogin_userの部分は、ssh で接続する際に使用するログインアカウント名。
また、そのあとのhostnameの部分には、接続先のコンピュータ名を IP アドレスやドメイン名で指定する。
特に指定しなければ通常は 22/tcp ポートを使用するが、変更する必要がある場合は、-p オプションを追加。
その場合、ssh -l login_user -p 1000 hostnameというような感じになる。
この例の場合は 1000 番ポートの ssh サーバに接続するということ。
 
はじめて接続するホストの場合、

Are you sure you want to continue connecting (yes/no) ?

というようにたずねられるので、yes と入力して [return] キーを押す。

login_user@hostname 's password:

とたずねられる。
ここで、login_userに設定されているパスワードを入力して [return] キーを押せば接続完了!!

sshでサーバーへファイルをアップロード

※デスクトップにあるファイルをサーバーへアップロードする場合
sshでサーバーに接続していたら、一旦exitで切断。
自分のPCに戻ったら、デスクトップへ移動。移動したいファイルをデスクトップに置いた状態で

scp [コピーするファイル名] [接続先のユーザ名@接続先のホスト名:ディレクトリ(またはファイル)]
scp sample.txt [接続先のユーザ名@接続先のホスト名:ディレクトリ(またはファイル)]

WEBプログラミングから起業までを一貫して学べるオンライン動画総合学習サービス『ウェブカツ!!』

様々なプログラミング学習サイトやサービスでは正直な所、自分でWEBサービスを作れるようにはならないため、「自分でWEBサービスを作れるようになる!」をゴールとしたオンライン動画総合学習サービス『ウェブカツ!!』を立ち上げました。興味ある方は登録よろしくお願いいたします。
http://webukatu.com/

kazukichi
元競売屋と保険営業のエンジニア。 TwitterでNo1人気のWEBプログラミング学習サービス『ウェブカツ!!』や、WordPressテンプレ販売『CRAZY WP』など多数運営。 http://webukatu.com/ http://crazy-wp.com/
https://webukatu.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした