14
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Mac のミニマムな Web サーバー Valet 超簡単メモ

通常のコマンド

インストール方法は後に記載。

起動

valet start

終了

valet stop

PHP のバージョンを変える

Valet 2.2 から採用された新しい機能です。

valet use php@7.1
valet use php@7.2
valet use php@7.3

【2019/2 時点】Homebrew はサポート中の PHP しかサポートしていません。以前のバージョンを使おうとすると Valet が動かなくなってしまいます。

特定のディレクトリを指定する

cd [ディレクトリ]
valet link [ドメイン名]

※ valet park したディレクトリに上記の名前でシンボルリンクが作成

特定のドメインを SSL にする

valet secure [ドメイン名]

元に戻す

valet unsecure [ドメイン名]

ドメインを変更

デフォルトでは *.test というドメインになっているので、他の TLD ドメインに変更する

valet domain [TLDドメイン]

例:

valet domain app

初期設定

Valet をインストール

brew update
brew install php
composer global require laravel/valet
cd ~
vi .bash_profile

~/.composer/vendor/bin を PATH に含ませる

export PATH="$PATH:~/.composer/vendor/bin"

上記を「.bash_profile」として保存。ファイルが既にある場合は上記を追加。。
そして、上記の設定を有効化。(ターミナルを再起動しても良い)

source ~/.bash_profile

Valet をインストール

valet install

Nginx などをインストールします。

Database をインストール

brew install mariadb
  • 127.0.0.1 にインストールされる。
  • ID は root
  • パスワードなし

mysql コマンドや、MySQL Bench などのソフトを使ってデータベースは管理。

MariaDB を常に起動するように設定する場合は

brew services start mariadb

パスワード付きのユーザーを作成する

mysql -u root -h 127.0.0.1
CREATE USER '【ユーザー名】'@'127.0.0.1' IDENTIFIED BY '【パスワード】';
GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO '【ユーザー名】'@'127.0.0.1' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;
exit;

サイトのフォルダを指定

サイトデータを入れる大元の場所を準備

cd [親ディレクトリ]
valet park

以上

アップグレード

composer global update
valet install

但し、メジャーアップデートの後は

valet stop
valet uninstall
composer global require laravel/valet
valet install
valet restart

で、park や link 作業をやり直す

サンプル設定例

例: /User/○○○/Sites に環境を作る

開発環境のファイルを下記のような構成で準備する

○ 親ディレクトリ (例: ~/Sites)
┣ concrete5
┣ test
┗ blog

ターミナルで下記コマンドを実行

cd ~/Sites
valet park

下記のドメインでフォルダの中身が表示される

フォルダ ドメイン名
concrete5 以下 concrete5.dev
test 以下 test.dev
blog 以下 blog.dev

MySQL のユーザーを作る

例: concrete5 というユーザー名と concrete5 というパスワードを設定

mysql -u root -h 127.0.0.1
CREATE USER 'concrete5'@'127.0.0.1' IDENTIFIED BY 'concrete5';
GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'concrete5'@'127.0.0.1' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;
exit;

クレジット

この記事が役に立ったら、「 CMS は concrete5 が一番」と頭の中で10回唱えてみてください〜。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
14
Help us understand the problem. What are the problem?