Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubにSSH接続できるようにする方法

More than 3 years have passed since last update.

流れ

  1. SSH認証の公開鍵と秘密鍵を作成
  2. Mac側(クライアント側)へのSSHキーの設定
  3. GitHubへの公開鍵の登録
  4. ローカルリポジトリの設定を変更する
  5. (おまけ)SourceTreeユーザーの方

1. SSH認証の公開鍵と秘密鍵を作成

$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa -C test@example.com //←自分のメールアドレス

これによって鍵ができます
id_rsa : 秘密鍵
id_rsa.pub : 公開鍵

秘密鍵のパーミッションを強化する

$ chmod 600 id_rsa

2. Mac側(クライアント側)へのSSHキーの設定

鍵の管理を簡単にするために、~/.ssh/configに設定を追加します

$ vim ~/.ssh/config

末尾に以下を追加します

Host github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
  User git

3. GitHubへの公開鍵の登録

GitHubにブラウザでアクセス。左側メニューのSSH Keys → Add key を選択します。

以下のコマンドを実行して、Key項目に貼り付けます。

$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

項目を入力する。
Title: id_rsa.github.com.pub
Key: 上記コンソール実行後のクリップボードを貼り付け

最後にこれを実行して、確認します。

$ ssh -T git@github.com

4. ローカルリポジトリの設定を変更する

リポジトリの設定ファイルを開き、URLの項目をgit@...からはじまるSSH接続方式に変更します。以下参照。

mysite/.git/config
×(NG) url = https://github.com/{アカウント名}/{リポジトリ名}.git
◯(OK) url = git@github.com:{アカウント名}/{リポジトリ名}.git

※SSH接続のURLはGitHubのサイト上のリポジトリのページの右下からも確認できます。
スクリーンショット_0026-11-04_午後7_50_36.png

SourceTreeユーザーの方

メニューから「リポジトリ > リポジトリ設定」を選択。

スクリーンショット 0026-11-04 午後7.34.29.png

パスの項目を選択し、編集をクリック。git@から始まるSSH接続方式に変更してOKをクリック。
スクリーンショット_0026-11-04_午後7_34_40.png

完了。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした