LaTeX

DEIM2014のLaTeXフォーマットの修正

More than 3 years have passed since last update.

超ニッチHowTo記事。

概要

第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第12回日本データベース学会年次大会)の論文を書いているのだが、itemizeとenumerateのインデントが不自然だったのでclsファイルをいじって修正した。

なお論文フォーマットは論文募集ページにて公開されている。

問題定義

itemizeとenumerate、つまり箇条書きをしても、字下げが行われず、入れ子構造の箇条書きをすると構造を把握しにくい配置になる。

我々はdeimj.clsファイルのenumerateとitemizeの設定を書き換えることで字下げを行うようにさせた。

修正内容

deimj.clsファイルの

\renewenvironment{enumerate}

\renewenvironment{itemize}

の部分に記述されている

\leftmargin\z@

を%%でコメントアウトした。

修正結果

cls:deimj.cls\renewenvironment{enumerate} {%% < \ifnum \@enumdepth >3\relax\@toodeep\else \advance\@enumdepth\@ne \edef\@enumctr{enum\romannumeral\the\@enumdepth}% \list{\csname label\@enumctr\endcsname}{%%% \leftmargin\z@ \labelwidth2zw \labelsep1zw \itemindent4zw \listparindent1zw \topsep\z@\parsep\z@\partopsep\z@\itemsep\z@ \clubpenalty-200 \usecounter{\@enumctr}% \def\makelabel##1{\hss\llap{##1}}}% \fi}{\endlist}\newcommand{\labelitemi}{\leavevmode \raise.1zh\hbox to 1zw{\hss \textbullet\hss}}\newcommand{\labelitemii}{{\normalfont\bfseries\textendash}}\newcommand{\labelitemiii}{\textasteriskcentered}\newcommand{\labelitemiv}{\textperiodcentered}\renewenvironment{itemize} {%% < \ifnum \@itemdepth >3\relax\@toodeep\else \advance\@itemdepth\@ne \edef\@itemitem{labelitem\romannumeral\the\@itemdepth}%%% \expandafter \list{\csname \@itemitem\endcsname}{% \topsep\z@\parsep\z@\partopsep\z@\itemsep\z@%% \leftmargin\z@ \labelwidth1zw \labelsep1zw \itemindent3zw \listparindent1zw \clubpenalty-200\relax \def\makelabel##1{\hss\llap{##1}}}% \fi}{\endlist}