Photoshop自動化のjsを書くときに使うScripting Listenerプラグイン、CS6以上での有効化方法

  • 36
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Scripting ListenerプラグインはPhotoshopをjsで操作する際に、そこそこ便利なプラグインです。

いつのまにか有効化する方法が変わっていました。

CS6から変わってました。以下手順です

  1. プラグインとスクリプトをダウンロードする
  2. プラグインを置く
  3. jsxファイルを置く
  4. メニュー - [ファイル] - [スクリプト] - [ScriptListenerOn] で ON!
  5. デスクトップにログファイルができる

1. プラグインとスクリプトをダウンロードする

↓ここからScripting Listenerプラグインをダウンロードします
Photoshop ヘルプ /
ダウンロード可能なコンテンツ(プラグイン))

2. プラグインを置く

ダウンロードして解凍したUtilitiesの中にある、ScriptingListener.pluginを以下に置きます

Windows

Program Files/Adobe/Adobe Photoshop CC (64 bit)/Plug-ins

Mac

/Applications/Adobe Photoshop CC/Plug-ins

3. jsxファイルを置く

解凍したフォルダのSample Scripts/JavaScriptの中にあるScriptListenerOn.jsx, ScriptListenerOff.jsx を以下に置きます

Windows

Program Files/Adobe/Adobe Photoshop CC (64 bit)/Presets/Scripts

Mac

/Applications/Adobe Photoshop CS6/Presets/Scripts

4. メニュー - [ファイル] - [スクリプト] - [ScriptListenerOn] で 実行

20140107210009.png

5. デスクトップにログファイルができる

できたーーー!!

必要がなくなったらOFFしておきましょうー