LoginSignup
3

More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Pi Pico

Raspberry Pi Pico(以降ラズピコ)は、今までの Raspberry Pi とは、一線を画す製品で OS を搭載することができない、より組み込み機器よりの開発基盤になっています。
マイコンには、Raspberry Pi財団が新たに開発した ARMベースのRP2040が搭載されています。

ラズピコの調達

ラズピコは、スイッチサイエンス等で550円で調達可能です。
スイッチサイエンス - Raspberry Pi Pico

ただし、こちらの製品は、ピンヘッダーが接続されていないどころか、そもそも、付属もしていません。同様に、USBケーブルも付属されておらず、本当に開発基盤のみの製品です。

Amazon 等で、ピンヘッダー取付済みの商品が販売されています。

ヘッダー ハンダ付け済み Raspberry Pi Pico
今回はこちらを購入して実験を行っています。

pico.png

ラズピコのセットアップ

ラズピコは、c/c++ による開発だけではなく、Micro Python が使えるようになっていますが、今回は、c/c++ による Sigfox 通信を試してみます。

ラズピコ用のバイナリのビルドには、Raspberry Pi 4 を使用します。
環境整備に関しては、@jamjam さんの記事を参考にさせていただきました。

初めてのRaspberry Pi Pico ① C言語でLチカ

Sigfox モジュール

Sigfox の モジュールに関しては、Sigfox Breakout board BRKWS01 RC3 を使用します。
私自身が、こちらのモジュールを使用した Sigfox 通信のサンプルを別途記事にしていますので、そちらをご参照ください。
Raspberry Pi で Sigfox 通信

ラズピコと Sigfox モジュールは、下記のPINを使用します。

PIN.png

こちらを参照。
Raspberry Pi Pico Pinout

IMG_8006.JPG

ラズピコと Sigfox モジュールの通信(UART通信)

こちら Raspberry Pi で Sigfox 通信 では、Python から UART を制御し、ATコマンドを送ることにより、Sigfox 通信を実現しました。
前述のとおり、今回は、ネイティブコードからの制御になります。
ラズピコのセットアップを行うと、pico/examples の配下に、サンプルコードが配置されます。
今回は、その中の uart/hello_uart を改造します。

#include <stdio.h>
#include "pico/stdlib.h"
#include "hardware/uart.h"

/// \tag::hello_uart[]

#define UART_ID uart0
#define BAUD_RATE 9600

// We are using pins 0 and 1, but see the GPIO function select table in the
// datasheet for information on which other pins can be used.
#define UART_TX_PIN 0
#define UART_RX_PIN 1

int main() {
    // Set up our UART with the required speed.
    uart_init(UART_ID, BAUD_RATE);

    // Set the TX and RX pins by using the function select on the GPIO
    // Set datasheet for more information on function select
    gpio_set_function(UART_TX_PIN, GPIO_FUNC_UART);
    gpio_set_function(UART_RX_PIN, GPIO_FUNC_UART);

    sleep_ms(1000 * 30);
    uart_puts(UART_ID, "AT$SF=0123456789abcdefffffffff\r");    
}

/// \end::hello_uart[]

BAUD_RATE を 9600 に指定して、uart_puts() にて、ATコマンドで メッセージ送信を行っています。
ATコマンド送信前に、念のため 30秒ほど wait を入れていますが、厳密にそれが必要というわけではありません。

送信結果

Sigfox Backend の方を見ると、先ほど送信したメッセージが Sigfox クラウドまで送信されていることが確認できます。

Sigfox Message.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3