Help us understand the problem. What is going on with this article?

mac初学者がターミナルの長ったらしい表示画面を変えてみた

はじめに

Macのターミナルを開くと長ったらしい名前が表示される
ディレクトリが深くなると1行では収まらずに2行目に移ってしまう:frowning2:
スクリーンショット 2020-02-17 16.19.23.png

macを購入して間もない初学者がターミナルの初期表示の画面を変えてみた。
スクリーンショット 2020-02-17 16.54.55.png

流れ

ターミナルを開いて、「.zshrc」があるか確認する

「.zshrc」が無ければ作成し、「vim」で編集を行う

変更点を反映させるように実行を行う

完成!!

なお、osは「macOS Catalina 10.15.3」を使ってます

「.zshrc」を作成する

まずは、「.zshrc」が存在することを確認する。
ls -la
で、現在のディレクトリに存在するファイルを全て表示する
スクリーンショット 2020-02-17 16.25.17.png
変なところに作成したくないのでpwdでもう一度現在のディレクトリを確認する
以下のコマンドでファイルがなければ新しく作成する
touch ./.zshrc
もう一度、ファイルの中身を確かめて作成されていることを確認する
ls -la
スクリーンショット 2020-02-17 16.26.12.png

「.zshrc」の中身を書き換える

次に、作成した「.zshrc」の中身を書き換える

Macを手にして間もないので、この「.」形式のファイルの操作には大変苦労した
今回は、ターミナル上で「vim」を使って書き換えてみた

vimの詳しい内容はこちらを参考にしていただきたい
https://qiita.com/JpnLavender/items/fabcc79b4ab0d52e1f6d

まずは、以下のようにコマンドを入力する
vim ./.zshrc
スクリーンショット 2020-02-17 16.38.55.png

そうすると、中身を操作することが出来るようになる
スクリーンショット 2020-02-17 16.39.02.png

このようになってしまった場合は、eを押すと先程の画面に戻る
スクリーンショット 2020-02-17 16.41.06.png

しかしながら、初めは中身を操作する画面でどのようなボタンを押しても文字を打てない
そこで、aのコマンドを押すと、
INSERTのモードになり文字が打てるようになる

そこで、以下のコマンドを入力する
スクリーンショット 2020-02-17 16.46.27.png
なお、%~は作業ディレクトリ、%nはユーザー名となっている
ここを変えると自分好みの表示をすることができる

このままではINSERTのモードなので、
escキーを押してモードを抜ける

そして、:wqと入力する。
これは、変更を保存してvimから抜けることを意味する
これを知らなければ、vimからどうやって抜けるか分からない
スクリーンショット 2020-02-17 16.50.57.png

「.zshrc」の実行

以上で、「.zshrc」の中身は完成である
次に、この中身を実行していく必要がある

以下のコマンドを入力する
source ./.zshrc
スクリーンショット 2020-02-17 16.54.44.png

そうすると完成です
こんなにスマートになりました
スクリーンショット 2020-02-17 16.54.55.png
スクリーンショット 2020-02-17 16.55.30.png

まとめ

ターミナルの初期設定ではユーザー名だけでなくパソコン名が表記されており長い
そこで、vimを使ってターミナルの表記を変えてみた

mac初学者なので、使い方や考え方のミスがあるかと思います
コメントお待ちしております

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした