Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kanehama

仮想環境のゲストOS(Linux)でTomcatの起動がとても遅いときの対応方法

More than 3 years have passed since last update.

仮想環境のゲストOS(Linux)でTomcat(正確にはJavaVM?)の起動がとても遅いときの対応です。

私がぶちあった例はKVM上のゲストOS(CentOS 7, CPU2, mem 4GB)で
インストール直後のデフォルトのTomcat 8が起動に20分近くかかりました。
(VMWareなどでも起きるようです。)

まず疑うことは2つです。

  • メモリ不足
  • エントロピー不足

切り分け

  1. tomcatを起動する
  2. 下記を実行して、出てきた数値(エントロピー)を確認する。
    ※念のため数秒程度監視してください。
# cat /proc/sys/kernel/random/entropy_avail

でてきた数値が1000以下になっていたら、エントロピー不足です。

エントロピー不足の対応

  1. Havegedをインストールしてください。
  2. もしくは乱数生成に伴う JVM の遅延の回避を行ってください。

※ どちらかだけを対応すればOKなはずです。

これで解決しない場合はメモリ不足ですので、KVMマシンのメモリ割り当ての確認と
Tomcatの起動オプションを確認しましょう。
(調べればいくらでも情報はでてきますので割愛します。)

少し話はそれますが、Linuxのエントロピーの生成方法を調べると原因がよくわかります。
Linuxで扱う乱数に関する話の「仮想化の問題」を参照

ぱっと調べてでてこなかったので、これで苦労する人が減ることを祈ります。

6
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
kanehama
ゲーム会社に努めています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?