Edited at

第2回 Mirantis OpenStack と VMware との連携実現!

前回で資材のダウンロードと全体の構成を説明しました。

↓前回の記事↓

http://qiita.com/MakitaTatsuro/items/6812bbaa0d7c82654374

今回は、下図の赤枠にくくられた範囲 VMware 環境を構築していきます。

本稿に書かれた範囲の構築にかかる所要目安は4時間程度です。(資材のダウンロードは事前にお願いします)

pic000011.JPG


目次:第2回 vSphere環境の準備


  1. まえがき

  2. 仮想ネットワーク設定

  3. Windows server2012 r2 インストール

  4. vCenter インストール

  5. ESXi インストール

  6. クラスタの追加とホストの追加

  7. Distributed Switch の作成

  8. VMの作成


まえがき

Windows serverをインストールして、Windows server 上に vCenter をインストールしてみましょう。

次にESXiをインストールして、vCenterのGUIにアクセスしてセットアップ(Cluster追加、ホスト追加)を行います。

Distributed Switch を作成し、そのスイッチにアタッチするVMを作成して本稿は完了です。


仮想ネットワーク設定

 VMware Workstation 12 Player Pro をインストールすると、「仮想ネットワークエディタ」というソフトウェアで仮想ネットワークの設定ができるようになります。

 Proを使わない場合、この「仮想ネットワークエディタ」はインストールされていないので注意してください。

 この使い方については、説明を省略します。要点だけ下記に示します。

EPSONのノートPCの2台に同一の設定でカスタムネットワークを作成します。

下記の要領で作成してください。

WiFi接続用のネットワークアダプタにブリッジ用のカスタム設定を作成する。


  • 「仮想ネットワークエディタ」を起動します。

  • 「設定の変更」ボタンを押して管理者権限で変更を可能な状態にします。

  • 「ネットワークの追加」ボタンを押下します。

  • 「VNET10」を選択。(ご自分環境に合わせて空いているVNETを選択)

  • 「ブリッジ」を選択して「ブリッジ先」にWif接続用のネットワークアダプタを選択。

  • 「適用」を押す。

クロスケーブルで接続したネットワークアダプタにブリッジ用のカスタム設定を作成する。


  • 「仮想ネットワークエディタ」を起動します。

  • 「設定の変更」ボタンを押して管理者権限で変更を可能な状態にします。

  • 「ネットワークの追加」ボタンを押下します。

  • 「VNET11」を選択。(ご自分環境に合わせて空いているVNETを選択)

  • 「ブリッジ」を選択して「ブリッジ先」にクロスケーブルで接続したネットワークアダプタを選択。

  • 「適用」を押す。


Windows server 2012 r2 インストール

下記の要領でVMware Player で新しい仮想マシンを作成します。

作成するマシンは、構成図のとおり、2台目のEPSONノートPCに作成します。

項目
設定値
説明

メモリ
8GB
8GBないとインストール時にはじかれるので注意

プロセッサ
4
-

ハードディスク
128GB
128GBは実際にフルで使わないですが、論理的に存在するように見せないとインストールで失敗しますので128GBを指定

CD/DVD
Windows server 2012 r2 のISOファイルを指定
-

ネットワークアダプタ
カスタム(VNET10)
WiFi側のネットワークアダプタにブリッジ接続

ネットワークアダプタ2
カスタム(VNET11)
クロスケーブル側のネットワークアダプタへブリッジ接続

USBコントローラ
あり
-

サウンドカード
自動検出
-

プリンタ
あり
-

ディスプレイ
自動検出
-

ISOブートしたら下記の要領でWindows serverをインストールしていきます。


  • オペレーティングシステム選択 → 「Windows Server 2012 R2 Standard評価版 GUI使用サーバー」を選択して次へ。

  • ライセンスに同意して次へ

  • インストールの種類 → 「アップグレード」を選択。

  • セットアップ画面に遷移したら、キーボードなどすべて日本語で次へ。

  • passwordなどを入力したらWindows serverが立ち上がります。


vCenter インストール

この時点では、まだ純粋にWindows server をインストールしただけなので、DHCPで割り当てないネットワークアダプタについては自分で静的にIPアドレスを付与してあげましょう。

* クロスケーブルで接続したネットワークアダプタにアドレスを付与してください。今回は192.168.114.10としました。

* WiFi側のネットワークアダプタはDHCPで自動的にIPアドレスが付与されているはずですね。

次に、vCenterをインストールしていきます。

* Windows serverにvCenterのisoファイルをダウンロード(ファイルをコピー)してください。私は、WiFi側のネットワークアダプタ経由でファイルサーバからVMwareサイトからダウンロード済みのisoファイルをコピーしました。

* vCenterのISOファイルをダブルクリックするだけで中身が見えるので、「autorun」を起動します。

* 同意事項を読んでインストールを開始します。

* デプロイタイプの選択は、「組み込みデプロイ」を選択します。(ここで、マシンスペックが足りないと2コア, 8GBのメモリが必要な旨警告がでます。)

* システム名は、FQDNなのですがドメインを用意していないので、今回はIPアドレスで登録します。「192.168.114.10」としました。ここで指定したアドレスでvSphereのWebClientにアクセスすることになります。

* データベースの設定では、「組み込みデータベースを使用」にチェックして次へ。

* ポート構成は、デフォルトのままで次へ。

* ターゲットディレクトリも、デフォルトのまま次へ。

* インストールの準備完了でインストールボタンをおしてインストールを開始します。

* インストールが完了したらEPSONノートPCのWindows10のブラウザから「 http://192.168.114.10/ 」にアクセスしてvSphere Web Client にログインできるかチェックしましょう。

ログインに使用するログインIDは、「Administrator@vsphere.local」です。passwordは自分が設定した値です。


ESXi インストール

VMware環境がわのHyperVisorとなるESXiをインストールします。

下記の要領で、1台目のEPSONノートPCにインストールします。

項目
設定値
説明

メモリ
4GB
-

プロセッサ
2
-

ハードディスク
128GB
-

CD/DVD
ESXi のISOファイルを指定
-

ネットワークアダプタ
カスタム(VNET11)
クロスケーブル側のネットワークアダプタにブリッジ接続

ネットワークアダプタ2
LANセグメント(private)
※LANセグメントについて後述します。

USBコントローラ
あり
-

サウンドカード
自動検出
-

プリンタ
あり
-

ディスプレイ
自動検出
-

先に説明して合った通り、カスタムネットワークについては、EPSONノートPCの2台目と同様の設定でEPSONノートPCの1台目にも設定します。

LANセグメントは、用途がわかりやすい名前にするため、下記の名称を作成してみました。

* admin-pxe

* maganement

* storage

* private

ESXiのインストールについては、下記のサイトを参考にしました。

ここではインストール手順を割愛します。

http://nerino.at.webry.info/201503/article_1.html

ここで注意すべきは、「Network Adapters」の設定で、「192.168.114.20」のアドレスを付与して起動させることをしてください。

これをしないと当然ながらvCenterと連携できません。

もし設定が忘れたとしてもESXiのコンソール画面で「F2」キーを押せば、あとからでも「Network Adapters」の設定は可能です。


クラスタとホストの追加

vCenterの「 vSpere Web Client 」にブラウザアクセスして、クラスタとホストの追加を行います。

手順としては、下記のサイトを参照ください。

http://nerino.at.webry.info/201504/article_1.html


  • データセンター名は「Datacenter」としてみました。

  • データセンターの下に、 ホストの追加をする手順になっていますが、クラスタを作成して、そのクラスタの下にホストを追加してください。「新規クラスタ…」をクリック

  • 今回は「cluster01」としました。

  • ホスト追加の際にホスト名はIPアドレスで「192.168.114.20」としました。

WS000000.png


Distributed Switch の作成

OpenStack側とDVSプラグインを用いて接続するために、使う仮想スイッチを作成します。


  • 「ホーム」→「ネットワーク」→「Datacenter」を右クリックして「Distributed Switch」→「新しいDistributed Switch」をクリック。

  • 名前を任意で「DSwitch_compute」としました。★メモ:この名称は手元にメモしておいてください。Fuelの設定画面で利用します。

  • バージョンの選択では、Distributed Switch 6.0.0を指定します。

  • 設定の編集では、デフォルトのまま次へをクリック。これでDVS連携に使うための仮想スイッチのできあがりです。

  • できたものを確認するため、「DSwitch_compute」を選択して、「設定」タブを開いてみます。「Network I/O Control」が有効になっていますね。

WS000001.png

次に、この「DSwitch_compute」の「DSwitch_Compute-DVUplinks」にESXiの物理的なNICを割り当てます。

「トポロジ」に下記の赤い丸の箇所の「ホスト追加」の絵ををクリックします。

pic000014.JPG

「ホストネットワークの管理」にチェックを入れて次へをクリック。

pic000015.JPG

「+接続されたホスト…」をクリック。

pic000016.JPG

チェックを入れてOKをクリック。

pic000017.JPG

追加されたら、次へをクリック。

pic000018.JPG

「物理アダプタの管理」と「VMkernelアダプタの管理」にチェックを入れて次へをクリック。

pic000019.JPG

次へをクリック。

pic000020.JPG

次へをクリック。

pic000021.JPG

終了をクリック。

pic000022.JPG

「トポロジ」を確認するとUplink1に1個のアダプタが接続されます。

pic000024.JPG

それでは、試験的にインスタンスを起動させて、この「DSwitch_Compute」にアタッチしてみましょう。


動作確認


ISOブートさせるために、ISOをStorageに登録します。


  • Windows server に Ubuntu server のISOをダウンロードします。

  • 「 vSpere Web Client 」にブラウザでアクセスして、「ホーム」→「ストレージ」→「Datacenter」内にある「datastore1」を右クリックして「ファイル参照」をクリックします。

  • 「+プラス」マークのついたディレクトリのマークをクリックして「iso」という名前のディレクトリを作成しておきましょう。

  • 作成した「iso」ディレクトリ内に、Ubuntu serverのISOをアップロードします。

準備は整いました。インスタンスを起動しましょう。


インスタンス起動


  • 「 vSpere Web Client 」にブラウザでアクセスして、「ホーム」→「ホストおよびクラスタ」→「cluster01」で右クリック。「新規仮想マシン」をクリック。

  • 「新規仮想マシンの作成」を選択して次へ。

  • 仮想マシンの名前は、「vm01」としました。

  • 計算リソースの選択は、デフォルトのまま次へ。

  • ストレージの選択は、デフォルトのまま次へ。

  • 互換性の選択では、「ESXi 6.0 以降」を選択して次へ。

  • ゲストOSの選択で、「ゲストOSファミリ」は「Linux」、「ゲストOSバージョン」は「Ubuntu Linux(64bit)」を選択して次へ。

  • ハードウェアのカスタマイズでは、「新規ネットワーク」を接続にチェックを入れて「DSwitch_compute」を選択、「新規CD/DVDドライブ」は「データストアISO」を選択して、さきほどアップロードしたUbuntu serverのISOを選択して次へ。

  • 問題なければ、「終了」を押してインスタンスを起動します。

コンソールを開いて、インスタンスにIPアドレスを付与しましょう。

今回は、192.168.112.50を付与しておきます。


VMware側の環境ができてインスタンスが作成できましたか?

ここまでで、VMware側の環境が出来上がりました。

第1回目の説明の繰り返しになりますが、今回は、前提として既存に稼働されている VMware の環境が存在し、そこ環境に対して、新しく OpenStack環境を構築して、インスタンス間通信がDVSプラグインを用いて疎通ができるか?ということを試していきます。

さぁ、ここまで来たら後はMirantisOpenStackを用いて簡単に OpenStack環境(プライベートクラウド)を構築して、下図のように

・VMware Networkを用いてAPI連携( OpenStack から ESXi に インスタンス作成などの操作)

・PrivateNetwork と DSwitch_compute を接続させて、DVS経由でインスタンス間をNW接続可能か

を確認していきましょう。

pic000009.JPG

↓次の記事↓

http://qiita.com/MakitaTatsuro/items/aacd20869ddb4348645f