ある社内SEとRailsのこれだけやっとけコマンド集


Railsでよく使うコマンド集まとめ

★サーバー起動(開発環境)

bundle exec rails s
★サーバー停止
Ctrl+C
★railsコンソール起動
bundle exec rails c
★コントローラー、ビュー作成
bundle exec rails g controller ●●● index show new edit destroy
bundle exec rails g controller ●●● index
★モデル作成。マイグレーションファイルも作られる。
すでにテーブルができていて、作りたくない場合は--migration=false
bundle exec rails g model ●●●
bundle exec rails g model ●●●--migration=false
★モデル削除
bundle exec rails destroy model ●●●
★テーブル項目編集、変更
マイグレーションファイルのみ作成。クラス名は行う処理+テーブル名が原則
bundle exec rails g migration RenameColumn●●●
bundle exec rails g migration AddColumn●●●
bundle exec rails g migration AddIndex●●●
上記で作成したマイグレーションファイルを編集して、テーブル項目確定
★データベースへマイグレーションする
bundle exec rails db:migrate
★テーブルに初期データを入れる
bundle exec rails db:seed
★特定のシードファイルを入れたい場合
bundle exec rails r db/seeds/●●●_add.rb
★ルーティングの定義確認(すごい使う)
bundle exec rails routes
★schema.rb にテーブルとActiveRecordを紐付ける情報が記載されている。

★テーブルにカラム追加・削除変更手順
テーブル名、追加したいカラム名、型を記述
●カラム追加の書き方
add_column :bbinfos, :udp_recieve_at, :datetime
●カラム削除の書き方
remove_column :article, :title, :text

migration実行
bundle exec rails db:migrate


終わりに

たぶん上のコマンドだけで、軽いWebサービス1つ作れますよ♪

手で追加すればいいやんって人もいると思いますが、テストファイルを同時に作ってくれたり

関連のあるファイル作ってくれたりしてるので、せっかくRails使ってるんなら、

線路に乗っていきましょう。私が使ってるリアルチートシートです。良ければご利用下さいませ。