監視
アクセス解析
Site24x7

Site24x7を使ってWEBページ監視したら海外からのアクセスが増えるが監視ボットなので心配無用

おつかれさまです、かきうち(@kakistuter)です。


背景

コンビニうまジャンキー極秘リストを運用しています。

監視とかするほどじゃないけど、1ヶ月無料だし、監視ってどんなものか勉強のために、

監視サービスSite24x7ってのを使ってみた感想を書いたのがこれです。

素人がSite24x7を使ってWordPressで作ったWEBページを簡単監視してみる

で、とある変化が起こったので、今回はこれについて記載していこうと思います。


Googleアナリティクスを何気なしにいつも通りみてみた

Image from Gyazo

すると12月2日をさかいに、アクセス数が約10倍!!!

※通常30-50セッション/日のところ12/2以降300セッション/日くらいに増加

これはテンションあがりました。

ちょうど見たのが12/5の夜だったので、いやーついに来たかと思いました。


でなんでアクセス増になったのかを考えてみる

とくに何も施作は行っていないので、おそらく影響力を持った人が発信したのであろうと予測。

そしてtwitter検索かけたり、Google検索かけたりしました。

でもどうやらそんな記事は見つかりません。

そこでもう少し詳細にGoogleアナリティクスを見てみることにしました。

で気づいたのです。

オーストラリア、フィリピン、サウジアラビア、南アフリカ。。。

さすがにビビりました。

Image from Gyazo

なんでや、コンビニうまジャンキー極秘リストは日本語で書いている。

外国の人にはなかなか読みづらい記事である。

そこでユーザフローに着目してみた。

Image from Gyazo

日本からは各記事ページにアクセスしているが、

オーストラリア、フィリピン、サウジアラビア、南アフリカからのアクセスはTOPページにアクセスし、その後離脱というのが大半。


そして気付いた、Site24x7が起因ではないか?と

そういえば12/2にSite24x7のサービスを開始したことを思い出した。

試しにSite24x7のサービスを12/5に停止したところ、アクセス数は通常に戻った。

Image from Gyazo


予想(考えは浅かった。後日アドバイスもらって解決)

つまり、Site24x7のサービス利用期間中に外国からのアクセスが増えていると予測することができる。

原因は分からない。

300セッション/日しかないから攻撃とは考え難い。

つまり、Site24x7のサービスを利用するだけでアクセス数アップするというメリットもある。

直帰率が上がるからSEO効果があるかまでは決断しきれない。

同じようなケースが発生するSite24x7ユーザがいれば、情報が欲しいなと思います!


答えは監視ボットというものだった(2018/12/9追記)

@okaru さんより下記コメントいただいて、完全に理解しました!


Site24x7 のWebサイト監視の場合、設定によって監視ボットがアクセスしてくる拠点が違いますが、1つの国だけを選ぶことができないので、「世界中の拠点」とか選ぶと、そういう状態になりますね。監視間隔も設定次第ですが、その分のアクセスが増えます。Webサイト監視の設定で「監視ロケーション」の横のプラスをクリックして、ロケーションから「東京」だけを切り出してくれば、いいと思います。ついでに、その画面の一番下にIPアドレスのホワイトリストがあるので、それをアナリティクスから除外すると監視ボットのアクセス数は除外されます。


確かに下記グローバルの画面のグローバルステータスがアクセスが見られた国になっている!

Image from Gyazo

編集画面から監視ロケーションを北米にしてみた。

Image from Gyazo

するとアナリティクスで北米からのアクセスになった!

Image from Gyazo

心配性なので一応こんな感じで日本に設定しておく。

Image from Gyazo


Googleアナリティクスで監視ボットをカウントしないようにする

ロケーションプロファイルの編集の下の方にあるIPアドレスをホワイトリスト登録するからリストをゲットする。

Image from Gyazo

リストはこんな感じ。

Image from Gyazo

このなかで監視ロケーションに設定している地区のIPアドレスをGoogleアナリティクスのフィルタに設定する。

Image from Gyazo

これで監視ボットのアクセスを除外してGoogleアナリティクス解析可能です!