Linux
Ubuntu
systemd
NIS

Linux NISクライアントがログイン時にハングアップする

Ubuntu 18や最近のDebian testingやArch LinuxでNISを用いた認証を行うようにすると25秒間固まる。これはsystemdバージョン235からsystemd-logindが一切のネットワーク通信を出来ないように設定されているからである。これを解決するための方法はいくつかあり以下のどれかを実行すればよい。



  • /lib/systemd/system/systemd-logind.serviceIPAddressDeny=any の行をコメントアウトする


  • unscd をインストールする(nscdは問題が多いのでやめたほうがよい)

この問題はsystemdの開発者に認識されているがsystemdのほうで修正される予定はない