Help us understand the problem. What is going on with this article?

Python Django入門 (2) Mac編

MacでのPython、Djangoの開発環境構築について説明します。

Xcode、Command Line Tools

macOS で開発する上では、iPhoneアプリの開発予定がなくても
Xcode および Command Line Tools を入れておいた方がいいでしょう。

Xcode は App Storeのアイコンから。

Command Line Tools は

$ xcode-select --install

にてインストールします。

Python3のインストール

Python2はMac OS Xに入っていますが、これから新規に学習するのであれば、Python3を学習した方がいいでしょう。

HomeBrewのインストール

HomeBrew はMacのパッケージ管理ツールです。

既に導入済みの人は読み飛ばして下さい。
MacPorts派の方は、以降のPython3導入を自力でお願いします。

インストールは公式サイトのとおり、ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行します。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Python3のインストール

HomeBrewを最新にアップデートし、
python3 の情報を見る

$ brew update
$ brew info python3
python: stable 3.7.6 (bottled), HEAD

その時の最新の Python 3 をインストールして下さい。

$ brew install python3

最近の brew は brew install python でも Python 2 ではなく 3 が入るようになっています。

また現時点の Python 最新版は 3.8.1 ですが、標準ではまだ入らないようです。
brew install python@3.8 で無理やり入れることはできそうですが、
brew info python@3.8 で調べてみると、

python@3.8 is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because this is an alternate version of another formula.

と不穏なメッセージが出るので試していません。
とりあえず 3.7.6 で説明を続けます。


業務で Python を扱う場合は、anyenv を入れて、pyenv を入れて、Python のバージョン管理を行いますが、入門向けではないので、brew で説明しています。
興味のある方は、後ほど調べて見て下さい。

Python 2 と 3 は両立できます。バージョンを見てみます。

$ python -V
Python 2.7.16

$ python3 -V
Python 3.7.6

virtualenv、virtualenvwrapperのインストール

virtualenv は Python の仮想環境を作るツールです。
プロジェクトごとに、

  • Pythonのバージョン
  • 使用する Pythonパッケージ、およびそのバージョン

を固定した仮想環境を構築します。

virtualenvwrapper は、virtualenvによる仮想環境の作成、削除をもう少し楽にするラッパーです。

Python3 の標準で venv という仮想環境を作るコマンドもありますが、こちらの方を使います。

python2側で pipを入れる

$ sudo easy_install pip

Python2側で virtualenv、virtualenvwrapper を入れる

$ sudo pip install virtualenv virtualenvwrapper --ignore-installed six

Python2、Python3に両対応した virtualenv virtualenvwrapperが入ります。

virtualenv virtualenvwrapperのセットアップ手順

1.仮想環境のディレクトリを作ります

$ cd ~
$ mkdir ~/.virtualenvs

2. テキストエディタなどで、.bashrc ファイルを作成します。

.bashrc
export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
  • 自分のホーム ディレクトリで、そのまま作業します。
  • viが使える人は、viでやりましょう。
  • 普通のテキストエディタでも、なんとか「.bashrc」の新規保存はできます。

3. テキストエディタなどで、.bash_profile の最後の行に、以下の行を追記します。

.bash_profile
    :
    :
if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi
  • 普通のテキストエディタでは、ドットで始まる隠しファイルの「.bash_profile」を開くことは至難の業のようです。(出てこない)
  • viができる人に手伝ってもらって下さい。またはviを覚えましょう。

4. ターミナルが開きっぱなしであれば、編集した .bash_profile を取り込みます。

$ source .bash_profile

仮想環境の構築

env1 という名前の仮想環境を作る

$ mkvirtualenv --no-site-package --python /usr/local/bin/python3 env1

--no-site-packageは、ベースとなるpythonのsite-packageを受け継がないようにする指定です
-p か --python オプションで使用するインタプリタを指定することができるので、python3 を指定します。

仮想環境に移動する

mkvirtualenv で仮想環境を作った直後は、コマンドプロンプトが以下のようになっています。

(env1) $

(env1) と出ていれば仮想環境にいます。
ターミナルを終了して、開き直した場合などは、以下のコマンドで仮想環境 env1 に移動できます。

$ workon env1

その他、仮想環境を扱うコマンド

env1 はこの後に使うので、以下のコマンドは叩かないで、知識として覚えておいて下さい。

現在の仮想環境の一覧を見る

$ workon
env1

env1に切り替える

$ workon env1

仮想環境を無効にする(グローバル環境に戻る)

$ deactivate

不要な仮想環境を削除する(deactivateしてからです。pipで仮想環境に入れたパッケージごと削除されます。)

$ deactivate
$ rmvirtualenv env1

Djangoをインストールする

DjangoもPythonモジュールの一つです。
仮想環境 env1 の中にインストールします。

今回は、この講座のためにDjangoのバージョンを明記してインストールします。

$ workon env1
$ pip install django==3.0.2

バージョンを確認する

仮想環境にインストールされたパッケージを確認します。

$ pip freeze -l
asgiref==3.2.3
Django==3.0.2
pytz==2019.3
sqlparse==0.3.0

IDE 統合開発環境のインストール

Djangoのコードを書くにあたって、どのようなテキストエディタを使ってもかまいませんが、IDEとしてPyCharm Professionalを導入することをお薦めします。

PyCharmの特徴

  • Pythonエンジニアは、ほぼこれを使っていると言っても過言ではありません。
  • 2種類ありまして、
    • Professional版
      • Djangoのプロジェクトを開くことができ、こちらの方を使います。
      • 有償ですが 30日の試用ができます。この講座も 30日あれば終わるのではないでしょうか。
      • 気に入った場合は、購入しましょう。
      • 学生の方は無償ライセンスがありますので、「Pycharm 学生」などで検索してみて下さい。
    • Community版
      • 無償ですが、Djangoプロジェクトを開くことはできません。
      • どうしても無償の方がよくて、単にPythonのエディタとして使いたいだけであれば、こちらでもよいかもしれません。
  • UIは英語です。日本語化することは考えません。特に問題ないと思いましょう。
  • 黒背景に白文字のテーマが目に優しくて、かっこいいです。いかにも俺コード書いてるという気分になります。UIサンプルはこちらをご覧ください。

最近は Visual Studio Code を Python の IDE として使う、という選択肢も出てきました。
ここでは説明しませんが、無償で日本語のものがいい場合は、そちらを選んでもいいでしょう。
・Python のコード補完
・Python 仮想環境の Python インタープリターがどこかを指定できれば、デバッグ実行
なども PyCharm と変わらずに行うことができます。

PyCharm Professional のインストール

  1. Download PyCharmのページから、Professionalの方をダウンロードします。
  2. ダウンロードした .dmgファイルを開きます。
  3. 絵のとおりに PyCharm.app をアプリケーションフォルダにドラッグします。

PyCharm.jpg

4.インストールできたら、アプリケーション > PyCharm.app を起動してみましょう。

5.この画面は、初めてPyCharmを使う人は、以前のsettingsはないので、そのままでOKです。

Complete_Installation.jpg

6.Evaluate for free for 30 days(30日試用)の方を選んで、OKを押します。

PyCharm_License_Activation.jpg

7.よく読んで、Acceptを押します。

License_Agreement_for_PyCharm_5_0_4.jpg

8.テーマだけ変更します。IDE theme: Darcula が黒背景/白文字の方で、俺コード書いてる気分になれる方です。

PyCharm_Initial_Configuration.jpg

9.起動途中ですが、テーマの設定を変えた場合は、再起動みたいですね。Yesを押します。

This_should_not_be_shown.jpg

10.ようこそPyCharmへ

Welcome_to_PyCharm.jpg

ここまで来たら、次に進みましょう。

Python Django入門 (3) に続く

kaki_k
jsl
株式会社日本システム技研は、1976年に設立した長野に本社を構えるIT企業です。主にPython/Djangoの使用したWebアプリケーションの受託開発とプロダクト開発を行なっています。エンジニア向けコミュニティGEEKLAB.NAGANO( http://geeklab-nagano.com ) の運営をしています。
https://jsl.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした