Help us understand the problem. What is going on with this user?
@kacchan6
Comments
自分の場合無理やりレンジ的なことを多用するなら、 ユースケースに合わせてrange関数を作ってしまいます。 ```js for(const i of range(0, 10)){ conso...
@Always さん lodashはオブジェクト操作界のjQueryですからねぇ・・・。
あまり記事の本質的な指摘でなくてごめんなさい・・・。 ```js div.innerHTML = `<p>${data}</p>`; ``` このような代入処理は明示的にエスケープされている必要...
JSの場合Uglifyを使うと、if(false){}の中身をまるっと消してくれたりして便利ですよ。
> 大方のポートは閉じられたのですが、残ったのはやはり、49163でした。(なお、このポートを利用するアプリは再起動と同時に開けるポートを変動させるようです) 49163は恐らくephemeral...
個人的な意見としては、Storageから見たらパスワードに特化しているわけではないので、変数名は素直にdataとかにします。ただidとpasswordを保存する処理なら名前を区別しますが。 あとSt...
手続き型が読みやすいのは、手続き型に慣れた人なので、 一概にこうあるべきってのは難しいのではないでしょうか。 個人的には手続き型で書く場合、再代入可能なのか不可能なのか明記して欲しいですね。 あとか...
この挙動はコンスタントプールではありません。 java.lang.Integer.IntegerCacheクラスが-128〜127までの定数をキャッシュし、 Integer.valueOf(n)によっ...
@Kobecow - httpサーバにあげたtgzからでも直接インストールできる - git使える環境ではgit経由のインストールもできる - インストール後にbinに記載された内容はパスが通る ...
複数のシェルスクリプトをbinに定義しただけのパッケージを`npm pack`でtgzにして、 サーバにグローバルインストールして使っています。 主にサーバ管理用スクリプトの一元管理のためですが。
仮引数に対する再代入は手続き型の言語においても原則良くないとされてますので、 ```js function increment(num) { return ++num } ``` は、 `...
テキストベースのドキュメントの場合は差分が取れるのも良いですよね。
要素数が有限かつ予測可能な範囲であり現実的な数量であれば、 事前生成したものを返すのは十分にありかもしれませんね。 でも返された配列を書き換えるとソート済みではなくなりません? クローンして返すとコ...
ライブラリを作るときは、 - minify時にthisが邪魔になる - 前はES6に対する最適化が弱かったので遅かった という認識もあってクラス構文を避けてました。昔の常識にとらわれない方がよいで...
https://embedded.hatenadiary.org/entry/20130622/p1 LLVMなら2550を直接printfだそうです
@skyair55 さん 当然そんな規約を作るのは個人的にはやりません! でも中には細かい表記ゆれにウンザリして記事にされる方もいらっしゃるのでアドバイスしたまでですね。
>方言・業界用語を使わない 方言は論外ですが、業界用語については基本情報技術者試験などに出てくる標準用語であれば良いのではないでしょうか。仮にレビューする人がプログラマーではなくても、その程度の言葉...
例えばNode.jsであれば、FinalizationGroupのregisterで 一緒にOS上のリソースのIDやアドレスなどを渡し、 GCのタイミングで破棄するというのはありだと思います。 とい...
> if(obj && obj.array){ > obj.array.forEach(func); > } そこまで書くなら`obj && obj.array && obj.array.forEa...
よく業務仕様が中心の設計書を見ることがありますが、リソース的な制約に基づく設計がされているのを見たことがありません。 スレッドやプロセスなどの実行単位、メモリやディスクなどの有限なリソースの利用計画...
ソースを長々と載せて「クソコードです」と言われても共感は得られにくいかと思います。 少なくともクソコードだと判断できる実力になられたわけですよね。 だめだなと思えるポイントをまとめるとコンテンツとして...
ユニコードが扱える環境であれば、恐らく正規化関数があると思いますので、 そちらを通すのが良いかと思いますね。 JavaScriptでも対応ブラウザであればnormalizeメソッドでU+F9A8からU...
```js console.log("%c ", "background:url(https://s.yimg.jp/images/top/sp2/cmn/logo-170307.png);paddi...
https://github.com/tc39/proposal-partial-application まだStage1ですが、すでにBabel7.4.0でサポートされたそうです。
NodeのreplやDevToolsはコード補完が強力ですからねぇ。
Java7からはダメでしたか。この手のハックって普通に使わないので気付かないですね。
Javaはstaticイニシャライザだけで動きますよ。最終的にmainメソッドがないので例外になりますが。
あんまり知られてませんが、文字列リテラルの行末に`\`を付けるとマルチラインで記述できます。 ```js var a = "aaa\n\ bbb\n\ ccc"; ```
再帰関数は有限回じゃないですか?多分数千回とかだけど・・・。
ngrokを入れなくてもリスンして、左の球体のアイコンをクリックすると公開URLを教えてもらえますよ。
@amatakasap ありがとうございます。改めて調べてみるとAngularにもありますね。 https://rintoj.github.io/ngx-virtual-scroller/sample...
アイテムの高さが固定の場合は、アイテム数とアイテムの高さから全体高さが求まり、 スクロール位置から表示対象の選択と位置が一意に定まるため特に問題ないのですが、 アイテムの高さがデータの状態に応じて可変...
Javaの場合は標準入力を別スレッドで読み込むのがセオリーですね。 ログを出力するというのは、非常にコストも高く途中で様々なエラーに遭遇する可能性のある処理です。 Disk Full、Permiss...
勝手な印象で恐縮ですが・・。 コボルで昔の大規模開発における変数名は、 「大分類コード」「中分類コード」「小分類コード」「連番」の組み合わせで付けて、 エクセルに変数対応表がある。 変数を宣言した...
アロー関数内はstrictモードだとTypeErrorになりますね。 thisがundefinedになるためです。
ありがとうございます。もうこの方法使っていなかったのですが、既に古い方法なんですね。
過去帳票を出力する要件があるなら、要求時点のスナップショットのレコードを用意したほうが早くないですか? 元号に関わらず過去に作成した時点での値が反映されていなければなりませんよね。 仮にマスタをいじっ...
>というか、ちょろ修正だからってパパッと毎回すぐリファクタとかそういうのやっても今まで問題が起きなかったのは運が良かっただけだと思いますよ。世の中には摩訶不思議な動きをするプログラムなんて山ほどあって...
>顧客の名前の数だけ結合テストするんでしょうね。 これはホントそう思う。元号は所詮ただのデータなので。 ただ思う所として、変更頻度が少ない割に参照頻度が高いのデータなので、データベースに持たせて毎...
無能とまでは思わないけど、クライアントが元号変更対応いらないと言っても、 最低限内部的にはシステムの1箇所直せば動くようにしちゃうかな。変わりうる値なので。 理想を言うと日時データはGMTで内部管理...
  • 1 / 5
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした