Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub Pagesでga-beaconを使ってリアルタイムアクセス解析

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Github Pagesのリアルタイムアクセス解析をするため,ga-beaconを使ってみようと思いました.

ga-beaconとは

Google Analyticsと連携する,Webビーコン型リアルタイム解析ツールです.

ga-beaconの導入方法

  1. Google Analytics に登録
  2. 新しいプロパティの作成
  3. Websiteを選択
  4. Website name
    識別できればいいので何でも良いです.
  5. WebSite URL
    https://ga-beacon.appspot.com/ と入力.
  6. Get Tracking ID
    Get Tracking ID をクリックし,ID( UA-XXXXXXXX-X という形式のもの)を控える.
  7. アクセス解析を行いたいページに以下のようなHTMLを追加
    Tracking IDとURLはご自身のものに変更してください.ページ内であれば,貼り付け箇所はどこでも構いません.ただし,解析したい全ページに貼り付ける必要があります.
<a href="http://yourusername.github.io/index.html">
  <img src="https://ga-beacon.appspot.com/UA-XXXXXXXX-X/yourusername.github.io/index.html"/>
</a>
  • オプション
    上のHTMLのimg src で指定したURLの末尾に以下のオプションをつけることができます. オプション無しだと スクリーンショット 2015-11-07 10.56.31.pngのように表示されます.
    ?pixel:ビーコン画像を表示しない
    ?flat:フラットなデザインに変更 スクリーンショット 2015-11-07 10.55.13.png
    ?flat-gif:フラットなデザインに変更 スクリーンショット 2015-11-07 10.56.12.png

これでおしまいです!
使えるようになるまで約1日待ちましょう!

ステータス「トラッキングがインストールされていません」を解決する

正しく認識されていないと項目トラッキングコードに「トラッキングがインストールされていません」と表示されます.
認識されると,「ステータス: データを受信しています」と表示されます.
認識されるようになるまで24時間程度はかかるようなのですが,時間が経ってもこのように表示される場合の解決方法を書きます.

解決方法1

アナリティクス設定トラッキング情報User-ID と選択します.
そこに記載されている以下の項目の設定が済んでいるかどうか確認します.
User-IDに関するポリシーの確認User-IDの設定User-IDレビューの作成
これができていないと,User-IDの機能が有効化できないようです.

解決方法2

トラッキング情報参照元除外リスト と選択します.
ここにURLが追加してある場合は削除しましょう.

補足

項目 トラッキングコードウェブサイトのトラッキング のソースコードを貼る必要があるのか悩みました.貼る必要はありません.

参考URL

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした