LoginSignup
0

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Oracle Cloud と IBM Cloud のオブジェクトストレージを比較してみた

この記事は Oracle Cloud Advent Calendar 2018 の12/12の記事として書かれています

縁あって、OracleCloudを触る機会があったので、
普段良く運用しているIBMCloud環境と比較をしてみました。

OracleCloudの日本リージョンはまだないので、USリージョンで比較しています。
(IBMCloudは日本リージョンがあるので、参考値として載せてあります。)

文字ばかりで分かりにくいと思いますので、後日画像も追加します。

比較をするにあたり以下の記事を参照させて頂きました。

OracleCloud側参考URL
https://cloudii.atomitech.jp/entry/2018/09/11/180402
https://cloudii.atomitech.jp/entry/2018/07/27/161534

IBM Cloud Object Stoage側参考URL
https://qiita.com/schiyoda/items/c1fe7438e50087ff97ef

OracleCloud の事前準備

  1. https://cloud.oracle.com/ja_JP/cloud-infrastructure からサインインする。
  2. インスタンスの作成をクリックする。
  3. computをクリックする。
  4. 左上のメニューより Object Storage → Object Storage を選択する。
  5. Create Bucketをクリックする。
  6. BUCKET NAMEを記入して、Create Bucketをクリックする。
  7. 作成した Bucket名をクリックして、Namespaceをメモする。
  8. 左上のメニューより Identity → Users を選択する。
  9. ユーザ名をクリックする。
  10. Resources の Customer Secret Keysをクリックする。
  11. Generate Secret Keyをクリックする。
  12. NAMEを記入し、Generate Secret Keyをクリックする。
  13. KEYが表示されるので、メモ帳等にコピーする。(後から確認できないので必ず実施する)
  14. Access Key: show をクリックすると表示される。

IBM Cloud Object Storage の事前準備

  1. https://console.bluemix.net/ からログインする。
  2. カタログ→ストレージ→オブジェクトストレージを選択する。
  3. Standardを選択して作成ボタンをクリック
  4. Create a bucketをクリックする。
  5. 任意のバケット名を入力する。
  6. 作成したバケットの右側メニューからバケットの構成を選択する。
  7. エンドポイントのパブリック側をメモする。
  8. 右側のサービス資格情報をクリックして、新規資格情報ボタンをクリックする。
  9. インラインの構成パラメーターの追加に {"HMAC":true} を入力して、追加ボタンをクリックする。
  10. 資格情報の表示をクリックすると展開され、以下の項目の値をメモする。
    • "access_key_id":
    • "secret_access_key":

s3cmd 設定内容(.s3cfg)

OracleCloud側設定内容

[default]
access_key = Customer Secret Keysを確認し記載する。
host_base = <Namespace>.compat.objectstorage.<リージョン名>.oraclecloud.com
host_bucket =
secret_key = Customer Secret Keysをクリックした際に表示された内容を記載する。
signature_v2 = False

IBMCloud側設定内容

[default]
access_key = 資格情報を確認する。
host_base = バケット構成からエンドポイントを確認する。
host_bucket =
secret_key = 資格情報を確認する。
signature_v2 = False

測定方法

Linuxのホストにs3cmdを導入してtimeコマンドを用いて計測しました。
time s3cmd -c .s3cfg put --multipart-chunk-size-mb=100 CentOS-7-x86_64-DVD-1804.iso s3://バケット名

測定結果

4.3GBのISOファイルのアップロード時間を1回計測
test-result.PNG

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0