Help us understand the problem. What is going on with this article?

CodeCommit + CodeDeploy + CodePipelineでEC2にデプロイ~CodeCommitの設定~

目次
1. CodeCommitの設定(この記事)
2. CodeDeployの設定
3. CodePipelineの設定・デプロイ実行

AWSのCodeCommit、CodeDeploy、CodePipelineを組み合わせてEC2にデプロイするまでをまとめました。
この記事ではCodeCommitにリポジトリを作成してgit cloneするまでを説明します。

前提

  • 既にAWSアカウント、IAMユーザーは作成済みとします。
  • ローカル環境 : CentOS 7

CodeCommit

AWSのGitホスティングサービスです。

競合サービス : GitHub、GitLab、etc..

準備

IAM ユーザーに対してCodeCommit へのアクセスを許可

  1. AWSマネジメントコンソールにログインして、IAMコンソールを開きます。
  2. ナビゲーションから[ユーザー]を選択し、CodeCommitへのアクセスを許可するIAMユーザーを選択します。
  3. [アクセス権限]タブの[アクセス権限の追加]を選択します。※ここでPowerUserAccess等、CodeCommitにアクセス可能な権限が既に付与されている場合、4~5の作業は不要です。
  4. [既存のポリシーを直接アタッチ] を選択し、ポリシーのリストからCodeCommitにアクセス可能なポリシー(例. AWSCodeCommitFullAccess)を選択して[次のステップ:確認]。
  5. 追加するアクセス権限を確認して[アクセス権限の追加]を選択します。

CodeCommitへアクセスするためのGit認証情報を作成

  1. [IAMコンソール > ユーザー]で先にCodeCommitへのアクセス権限を追加したIAMユーザーを選択します。
  2. [認証情報]タブの[AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報]で[認証情報を生成]を選択します。
  3. 生成された"ユーザー名"、"パスワード"が表示されるので控えておきます。[認証情報のダウンロード]からCSVでダウンロードすることも可能です。
  4. ローカルの~/.netrcに先に控えた認証情報を書きます。
.netrc
machine git-codecommit.ap-northeast-1.amazonaws.com
login ユーザー名
password パスワード

CodeCommitにリポジトリ作成

  1. CodeCommitのコンソール(https://console.aws.amazon.com/codesuite/codecommit/home)を開きます。
  2. [ソース]の[リポジトリ]を選択し、[リポジトリを作成]を選択します。
  3. リポジトリ名と作成(リポジトリの説明)を入力して[作成]を選択します。 create_repository.PNG
  4. ローカル環境で、作成したリポジトリのHTTPSのURLを指定してgit cloneします。

まとめ

これでCodeCommitにリポジトリを作成してローカルにcloneできました。

次回はCodeDeployの設定方法を説明します。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした