search
LoginSignup
10

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Windows10でSymfony2のローカル開発環境構築②

前回はPHPの環境構築まで記載したのでその続き。
0から環境を構築したい方は以下のリンクへどうぞ。
XAMPPのインストール手順がわからない方向け。

前回の記事Windows10でSymfony2のローカル開発環境構築①

以前現場で使用したPHPのフレームワーク「Symfony」
他のフレームワークと使い比べとかできてないので、
良し悪しの理解はできてないけど好みだった。
忘れないうちに勉強しなおしたいので環境構築しておく。
サーバ側は現場に出たら用意されてることが多いけど、
万が一自分でやるときのための備忘。

今回の記事は大体以下の書籍を参考にしている。
個人的に非常に読みやすかった。
基本からしっかり学ぶ-Symfony2入門

Symfony2が動作するPHP環境の確認

まずはSymfony2を動かせる環境になっているか確認する。
確認項目は以下。
ただし、前回の記事の手順でXAMPPを入れている場合は、
特に問題はないはず。

  1. PHP 5.3.9 以降がインストールされている
  2. PHPのJSONサポートが有効
  3. PHPのctype関数が有効

0. PHPコマンドを簡単に使えるようにする

上記を確認する前に、PHPコマンドのパスを通す。
一応XAMPPのコントロールパネルから起動すれば問題ないが、
ちょっと確認したいときとか不便なので設定しておく。
環境変数の設定をする必要があるので若干面倒。

0-1. システムの詳細設定を開く

「コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム」を表示し、
「システムの詳細設定」を押下する。

01.png

0-2. 環境変数の設定ページを開く

02.png

0-3. Pathを編集する

システム環境変数からPathを選択し、
「編集」ボタンを押下する。

03.png

0-4. XAMPPのPHPディレクトリを指定する

XAMPPの配下にphpディレクトリが存在するので、
「新規」ボタンを押下し、そこまでのパスを追加し、
OKボタンを押下する。

05.png

※xamppのインストール先をデフォルトにしている場合、
「C:\xampp\php」のパスを指定すれば良い。
(念のため確認はすること)

04.png

1. PHPのバージョンが 5.3.9 以上であることを確かめる

前回紹介したバージョンのXAMPPをインストールしていれば、
Symfony2の対象よりも新しいバージョンのPHPがインストールされているはず。

1-1. コンソールからコマンドを打ち込む

コンソールを立ち上げて


php -v

と入力する。

5.3.9 以上であればOK。

2. PHPのJSONサポートが有効であることを確かめる

前回紹介したバージョンのXAMPPをインストールしていれば、
JSONサポートが有効であるはず。
PHP 5.2.0からjson拡張モジュールが標準で組み込まれている。

2-1. コンソールからコマンドを打ち込む

コンソールを立ち上げて


php -i | find "json"

と入力する。

3. PHPのctype関数が有効

前回紹介したバージョンのXAMPPをインストールしていれば、
ctype関数は有効であるはず。
PHP 4.2.0からデフォルトで有効となった。

3-1. コンソールからコマンドを打ち込む

コンソールを立ち上げて


php -i | find "ctype"

と入力する。

Symfony2 のインストール

XAMPPで動作させるため、
「C:\xampp\htdocs」配下にプロジェクトのディレクトリを配置する。

デモアプリはSymfonyの最新版(3系)がインストールされてしまうようなので、
最初から新規アプリとしてインストールする。

1. Symfony2のインストールと動作確認の流れ

1-1. インストーラーのダウンロード・実行

phpコマンドを使用し、インストーラーをダウンロードして実行する。
以下のコマンドを実行する。

cd C:\xampp\htdocs
php -r "readfile('http://symfony.com/installer');" > symfony.phar
php symfony.phar

以下のようなメッセージが出力されればインストールの準備は完了

 Symfony Installer (1.5.8)
 =========================

 This is the official installer to start new projects based on the
 Symfony full-stack framework.

 To create a new project called blog in the current directory using
 the latest stable version of Symfony, execute the following command:

   symfony.phar new blog

 Create a project based on the Symfony Long Term Support version (LTS):

   symfony.phar new blog lts

 Create a project based on a specific Symfony branch:

   symfony.phar new blog 2.8 or symfony.phar new blog 3.0

 Create a project based on a specific Symfony version:

   symfony.phar new blog 2.8.1 or symfony.phar new blog 3.0.1

 Create a demo application to learn how a Symfony application works:

   symfony.phar demo

 Updating the Symfony Installer
 ------------------------------

 New versions of the Symfony Installer are released regularly. To update your
 installer version, execute the following command:

   symfony.phar self-update

1-2. Symfonyプロジェクトのインストール

symfony.pharがあるディレクトリに移動し、
以下のコマンドを入力する。


php symfony.phar new sample 2.8

正常に終了すると
「OK Symfony 2.8.9 was successfully installed.」
とコンソールに表示される。

※1. ここでは例として、sampleというディレクトリを作成する。
   プロジェクトを作成するディレクトリなので、
   それにあう名前をつける方が良い。

※2. ローカルにルート証明書がないとインストールできない。
   解決のため以下の記事を参考にさせて頂きました。

Windowsコマンドプロンプトでphp symfony.phar demoしたら、 cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate っていうエラーが出る! | かみおか日記

1-3. 動作確認

上記でSymfonyをインストールしたディレクトリに移動し、
以下のコマンドを入力する。


php app/check.php

正常に動作している場合は以下のように表示される。

 [OK]
 Your system is ready to run Symfony projects

終わりに

以上でSymfony2をローカルで動作させるための環境は整った。
次の記事では実際に簡単なWebページを作るまでを記載する。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10