Help us understand the problem. What is going on with this article?

VimConf 2019 に参加してきた

11/3 に開催された VimConf 2019 に参加してきましたので、その報告です。

よく考えると今年の参加は、(VimConfへの不参加の年を除くと)登壇しない初めての一般人としての参加でした。
昨年まで自分が参加してきた VimConf の一覧:

開始時間ギリギリに会場に着いたところ、「隣、いいですか?」と声を掛けたお相手が、最近、Vimのヘルプの日本語訳で頑張っているIKさんでした。

発表内容一言コメント

  • Prabir Shrestha さん
    vim-lspで有名な方です。私自身はvim-lspは使ったことがないのですが、同じ作者によるasync.vimは、minpacでも使っています。

  • Justin M. Keyes さん
    言わずと知れた Neovim の現在の開発リーダーです。Neovim は Vim とは対立しているわけではないというのが聞けて良かったです。

  • mopp さん
    どのように Vim をカスタマイズすべきか、面白い話が聞けました。

  • IK さん
    どのように 1 ユーザーから各種 Vim プラグインの開発に関わっていったかという話。学生さんのような若い世代が Vim (関連)の開発に関わってくれているというのは嬉しいですね。

  • daisuzu さん
    タグジャンプの話と、plugin がちゃんと対応するともっと便利になるよという話。

  • m-nishi さん
    Vim 本体のテストに焦点を当てた話。

  • gorilla0513 さん
    ここ 1 年でいきなりめざましい活躍を見せたゴリラさん。Vim 歴 1 年とはとても思えないとても熱いプレゼンを見せていただきました。

  • Danish Prakash さん
    心理的な面から Vim をどう使うかという点が面白かったです。

  • Hezby Muhammad さん
    Vanilla Vim (素の Vim) でどこまでできるかというのを見せていただいて面白かったです。

  • ujihisa さん
    プラグインを入れることでどういうことが可能になるのか、さすが ujihisa さんです。

  • Shougo さん
    この 10 年に渡って、どのような思想でプラグインを設計・開発してきたのか。第 0 世代から第 4 世代まであるというのは、ユーザーにとっては重要かもしれません。

  • Lighting Talsk
    aiya さんの Vim scipt に対する、型付きの Time script というのが気になったのですが、何でトランスパイルしているのか聞きそびれました。

懇親会

Prabir Shrestha さんが自分のことを認識してくれていたのが分かったのは嬉しかったです。Justin さんとは言葉を交わせず、残念。
日本の伝説的なプラグイン開発者である kana さんと会話したかったのですが、終了間際に一言声を掛けることしかできず、残念。

2次会

Ruby界の有名人の a_matsuda さんと会話できた。良かった。

その他

「とばっとうぇあ」おいしかったです。(近所のスーパーの鮭とばよりずっとおいしかった。)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした