Edited at

Rubyのインストール::Windows

More than 3 years have passed since last update.

対象


  • とりあえずRubyインストールして使ってみたい人

参考



ダウンロード

RubyInstaller for Windowsからインストーラをダウンロード

2015/08/10時点の一覧


  • Ruby 2.2.2

  • Ruby 2.2.2 (x64)

  • Ruby 2.1.6

  • Ruby 2.1.6 (x64)

  • Ruby 2.0.0-p645

  • Ruby 2.0.0-p645 (x64)

  • Ruby 1.9.3-p551

Windowsが64bitなのでとりあえずRuby 2.2.2 (x64)をダウンロード


インストール


  • 最低限Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定するのチェックは入れてからインストールを実行する

  • インストールする場所(パス)は任意だがC:\Ruby22-x64とかでいいと思う

  • インストール完了後、コマンドプロンプトでruby -vと実行してバージョン情報が表示されることを確認する



    • ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x64-mingw32]とか表示されるはず




Development Kitのインストール


なにこれ?

コンパイルが必要なgemのインストールとかに必要

Ruby本体のみ使うならいらないけど、とりあえずいれとく


ダウンロード

今回Rubyは64bit版なので

DEVELOPMENT KITの部分の「For use with Ruby 2.0 and above (x64 - 64bits only)」とかいてある下記をダウンロード(2015/08/10時点)

DevKit-mingw64-64-4.7.2-20130224-1432-sfx.exe


インストール

インストール手順の詳細は下記参考先の記事どおり

WindowsにRubyをインストールする(初心者向け) - Qiita

なんだけどruby dk.rb installを実行したときとかにRubyが見つかれないっす的なエラーが出た場合はC:\RubyDevKit\config.ymlを開いて下記のように編集してください。

- C:\Ruby22-x64を追加してます)

# This configuration file contains the absolute path locations of all

# installed Rubies to be enhanced to work with the DevKit. This config
# file is generated by the 'ruby dk.rb init' step and may be modified
# before running the 'ruby dk.rb install' step. To include any installed
# Rubies that were not automagically discovered, simply add a line below
# the triple hyphens with the absolute path to the Ruby root directory.
#
# Example:
#
# ---
# - C:/ruby19trunk
# - C:/ruby192dev
#
- C:\Ruby22-x64
---

編集完了後、再度ruby dk.rb installを実行


インストール完了後にやっとくといいこと


gemのインストール

プロジェクト問わず使うことの多いbundlerとかpryとか、入れておく

というかbundlerはそもそも入れとかないとプロジェクトごとに分けらんないし

コマンドプロンプトで下記を実行してインストールする

gem install bundler

gem install pry
gem install pry-doc


で、このあとは?

irbでもpryでも使ってコンソール起動。pryのがおすすめ。

コンソール起動後に

Class.ancestors # => [Class, Module, Object, PP::ObjectMixin, Kernel, BasicObject]

とか

Class.new.class

とかして「クラスもClassクラスのインスタンスか。。。」とかつぶやくとそれっぽく見えるよ。