Edited at

Laravel と Rails を比較してみた

More than 3 years have passed since last update.

2015 Laravel Advent Calendar 20日目の記事を書いてます。

普段はRubyをメインで使っていますが、以前PHPを触っていてRailsに似ているフレームワークがあるということで、今回Laravelを調べてみました。


マイグレーション


マイグレーションファイル作成


Laravel

php artisan make:migration クラス名



Rails

rails generate migration クラス名



マイグレーション実行


Laravel

php artisan migrate



Rails

rake db:migrate



シード実行


Laravel

php artisan db:seed



Rails

rake db:seed



Generator


モデル作成


Laravel

php artisan make:model モデル名



Rails

rails generate model モデル名



コントローラー作成


Laravel

php artisan make:controller コントローラ名



Rails

rails generate controller コントローラ名



scaffold

Laravel には標準でなさそうですね。

ただ、https://github.com/alnutile/l5scaffold を使えばできそうです。


Rails

rails generate scaffold モデル名



routes


Laravel

php artisan routes



Rails

rake routes



サーバー起動


Laravel

php artisan serve



Rails

rails s



ORM

LaravelではEloquent ORMを採用しており、RailsのActive Recordと同等のことができます。


Laravel

User::find(1);



Rails

User.find(1) 



論理削除

Laravelは論理削除が標準であるんですね。

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;
use Illuminate\Database\Eloquent\SoftDeletes;

class Flight extends Model
{
use SoftDeletes;

/**
* The attributes that should be mutated to dates.
*
* @var array
*/

protected $dates = ['deleted_at'];
}

なお、Railsは標準ではなく以下のgemをいれることにより実現できます

gem 'kakurenbo'

いかがでしたか?かなりRailsと似てますね。

PHP7も最近出たことですし、Rubyエンジニアも触ってみてはいかがでしょうか。