Posted at

Chromebook に Google Cloud SDKをインストールする

ChromebookにGoogle Cloud SDKをインストールする手順の説明。最近はChromeOS上でLinuxを動作させることができるため、簡単にインストールすることができる。


手順の概要


  • ChromeOS でLinuxを有効化させる

  • ターミナル上から、Google Cloud SDKをインストールする

  • Python2.7系をインストールする


環境


  • 執筆時点(2019/2/11)ではChromeOSのLinux機能はベータ版で提供されている。

  • 本記事の内容は以下の環境で実施した。


    • 機種:ASUS Chromebook Flip C101PA

    • OSバージョン: 71.0.3578.127




ChromeOS でLinuxを有効化させる

Chromebookのヘルプに記載の手順でLinuxをインストールする


  • chromebookの「設定」を開く

  • [Linux(ベータ版)] で [オンにする] を選択。

  • 画面に表示される手順に従う。10分ほどでインストールが完了し、ターミナルが起動する。


ターミナル上から、Google Cloud SDKをインストールする

GCPのヘルプの「対話型インストーラ」の項目どおりにインストールする。


  • Chromebookでターミナルを起動する

  • ターミナルに次のコマンドを入力する

    curl https://sdk.cloud.google.com | bash


  • シェルを再起動する

    exec -l $SHELL


  • gcloud init を実行して gcloud 環境を初期化

    gcloud init


curl https://sdk.cloud.google.com | bash

exec -l $SHELL
gcloud init


Python2.7系をインストールする

gcloudコマンドはPython2.7系で実装されているため、apt-getでインストールする


  • Chromebookでターミナルを起動する

  • ターミナルに次のコマンドを入力する

sudo apt-get install python2.7