Ruby
Python
JavaScript

言語によって異なる処理の書き方まとめ

はじめに

この記事は普段プログラム書いてて「あれ?○○だとこう書くんだけど、この言語はどう書くんだっけ?」ということがよくあるので主に自分向けの備忘録として書いたものです。内容は都度追加していく予定です。
現在、主に使っているのがRuby、Python、JavaScriptなのでそれらの比較が多いです。

制御構造

else if

Ruby - elsif

if a > 0
  puts 'plus'
elsif a < 0
  puts 'minus'
end

Python - elif

if a > 0:
  print('plus')
elif a < 0:
  print('minus')

JavaScript - else if

if (a > 0) {
  console.log('plus');
} else if (a < 0) {
  console.log('minus');
}

switch的構文

Ruby - case when

case a
when 1
  puts 'one'
when 2
  puts 'two'
end

Python

そんなものはない(関羽略)

JavaScrpt - switch case

break忘れないように。

switch (a) {
case 1:
  console.log('one');
  break;
case 2:
  console.log('two');
  break;
}

データ型全般

falseになるもの

Ruby - nil

むしろfalseにならないものの方が多い。

p nil || 1
p [] || 1
p '' || 1
p 0 || 1

Python - None、空配列や空文字列、0

Falseになるものが多いのでしばらくPython書いた後に別言語に行くと注意。

print(None or 1)
print([] or 1)
print('' or 1)
print(0 or 1)

Javascript - undefined、null、空文字列、0

空配列はtrue。forとかで回すと結局回らないことになるけど、ifで条件分岐後、for前後で何かしている場合は注意(arr.len != 0と条件を書こう)

console.log(undefined || 1);
console.log(null || 1);
console.log([] || 1);  // 空配列はtrue
console.log('' || 1);
console.log(0 || 1);

配列

Pythonは配列ではなくリストであり、配列は別にあるのだがここでは「配列」という言葉でまとめる。

要素を繰り返し処理

Ruby - Array#each

arr = [1, 2, 3]
arr.each {|e| p e}

Python - for in

arr = [1, 2, 3]
for e in arr:
  print(e)

JavaScript - for ofかArray#forEach

for ofの方が関数呼び出しじゃないので好きだけど、for inと間違えやすいからArray#forEachの方がいいのかも。
※対話環境に貼り付け実行しやすいようにvarもletもconstも付けてませんが、もちろんファイルに書くときは適切なものを付けてください。

arr = [1, 2, 3];
for (let e of arr) {
  console.log(e);
}
arr.forEach(e => console.log(e));

条件を満たすものを取り出す

Ruby - Array#select

arr = [1, 2, 3, 4, 5]
p arr.select{|e| e % 2 == 0}

Python - filter

第1引数が条件チェックの関数。
また、filter関数の戻り値はイテレータを実装したfilterオブジェクトなので配列が欲しかったらlist関数に渡す必要あり(ていうかfilterもlistも正確にはコンストラクタ。mapなどの他の関数も同様)

arr = [1, 2, 3, 4, 5]
print(list(filter(lambda e: e % 2 == 0, arr)))

@shiracamusさんの編集リクエストより。内包表記のような「書き方が大きく異なる(それを忘れることはない)」記述方法は本筋ではないですが、せっかくなので採用させていただきます。
または

arr = [1, 2, 3, 4, 5]
print([e for e in arr if e % 2 == 0])

JavaScript - Array#filter

arr = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(arr.filter(e => e % 2 == 0));

文字列

部分文字列

Ruby - []でRangeを指定

しばらく触ってないとsubstr的メソッドを探してしまう(笑)

s = 'abcdefg'
p s[3..-1]

Python - []でスライスを指定

Rubyみたいにs[3:-1]だと末尾が含まれなくなるの注意。

s = 'abcdefg'
print(s[3:])

JavaScript - String#substr

substringメソッドもある。

s = 'abcdefg';
console.log(s.substr(3));