Unity

UnityでiOS向けのETC2 Textureを作る

Unity2017.3 でCrunch Texture対応

これに伴いiOSでもETC2のTextureを作成できるようになりました。
https://blogs.unity3d.com/jp/2017/11/15/updated-crunch-texture-compression-library/

メモリ使用量は増えますが、PVRTCをこねくり回して綺麗にする作業から解放され、
さらにファイルサイズも大幅に減るためダウンロード時間も短縮されます。

PVRTC

メリット

4/2bpp対応なのでメモリ使用量が少ない。
すべてのiPhoneで利用可能

デメリット

半透明の境界で汚くなる(ディザやClear PVRTCで軽減可)
綺麗にするのに作業/開発コストやお金がかかる

Crunch ETC2 8bpp

メリット

PVRTC汚い問題から解放される
ファイル容量が大幅に削減

デメリット

PVRTC 4bppと比べてメモリ使用量が二倍
iPhone5S 以降のみ対応

比較一覧

PVRTC ETC2 Crunch ETC2
Bit Per Pixel 4/2 8 8
ファイルサイズ
メモリ効率
綺麗さ

まとめ

メモリ使用量が増えるデメリットはありますが、それを上回るメリットはあるのではないかと感じています。
まだβ版ですが今後の進化に期待です。