Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiitaの投稿で@をエスケープする

More than 1 year has passed since last update.

結論

@￰foo または @￰foo と入力すればよい。 こうなる -> @foo
(2018年6月現在、&#xFFF0から&#xFFFCの間の文字コードだったらいけます。将来使えなくなる可能性があるので、その点だけご注意ください。)

詳細

Qiitaで投稿を書いているとき、@の後ろに半角英字を続けると、 @foo のようにデコレートされてユーザーへのメンションになりますが、そうしたくないときもありますよね。しかし、@をエスケープしようとするとこうなります。

「バックスラッシュでエスケープされんじゃね?」\@foo -> 残念

「実体参照を使えばエスケープされるかも?」 @foo -> 残念
(アットマークではなく @fooと入力してます。)

「じゃあ半角スペースを入れる」 @ foo -> ダサい

「じゃあバッククウォートで囲む」 @foo-> 強調したくないときもあるじゃないですか

じゃあどうするか?

特殊用途文字(Specials)」(仮に「非文字コード」とこの記事の作者は呼んでいますが)が使えます。2018年6月現在、この記事で紹介されているFFF0以外にも、FFF0からFFFCまでの文字コードは同様に利用できます。(将来的にこれらの文字コードに文字が割り当てられた場合、今回の用途には利用できなくなる可能性はあります。)

ただ、記事で紹介されているような形で使うたびにコピーしなくてはならないのはつらい。そこで、実体参照を使おうということになります。U+FFF0について見てみると、実体参照としては￰￰ を使えばいけそうだとわかります。こんな感じです。

@￰bar (<- @&#xFFF0;bar)
@￰bar (<- @&#65520;bar)

わーい。

参考

HTML Symbol Entities
https://www.w3schools.com/charsets/ref_html_symbols.asp
Markdownのtable記述でのエスケープ
https://qiita.com/takashisite/items/f3000d46d39a61930dc5
Specials (Unicode block)
https://en.wikipedia.org/wiki/Specials_(Unicode_block)
Twitterで@(アットマーク)をエスケープする方法
https://qiita.com/innossh/items/f719dc78816c2d5fbcfa
Undefined Character (U+FFF0)
https://www.compart.com/en/unicode/U+FFF0
ブロック(Unicode)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF_(Unicode)

jumjamjohn
Webアプリケーション開発者。AWS, Rails, Nginx, PostgreSQL, Redis, Elasticsearch, Vue.jsをよく使っている。機械学習や画像処理とも戯れる他、セキュリティ, NLP, RaspberryPiに興味あり。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした