Help us understand the problem. What is going on with this article?

[WIP]Settings Syncが公式化したVSCode Ver.1.44.0を使ってみる

概要

Visual Studio Code - Insiders バージョン: 1.44.0-insider から Settings Sync が公式で導入されました。今まではSettings Syncという拡張機能で実現されていましたが、VSCodeの機能だけで設定の共有が可能です。ただし、Settings Syncの拡張機能の方とは違い、チームでVSCodeの設定を揃えるなどといったことはできません。
Settings Sync を有効にする方法を説明します。

環境

Visual Studio Code - Insiders

バージョン: 1.44.0-insider
コミット: b0791e5236f462fbb785e9a00319705607cefb9d
日付: 2020-03-10T11:17:54.705Z (18 時間前)
Electron: 7.1.11
Chrome: 78.0.3904.130
Node.js: 12.8.1
V8: 7.8.279.23-electron.0
OS: Darwin x64 19.3.0

Settings Sync の有効化

Settings Sync in Visual Studio Code を参考に設定していきます。

  1. 左下の歯車から「同期をオンにする...」をクリック

スクリーンショット 2020-03-11 15.03.23.png

  1. ポップアップの「同期をオンにする」をクリック
    スクリーンショット 2020-03-11 15.03.33.png

  2. 「サインインしてオンにする」をクリック
    スクリーンショット 2020-03-11 15.04.10.png

  3. ブラウザが開くので、MicrosoftアカウントかGitHubアカウントでサインインします(今回はGitHub)
    スクリーンショット 2020-03-11 15.05.40.png

  4. 認可が必要なので、「Authorize Microsoft-corp」をクリック
    スクリーンショット 2020-03-11 15.06.41.png

  5. 最後に1つ、結局Microsoftアカウントが必要らしいので、「次へ」をクリックしてアカウントを作成します
    スクリーンショット 2020-03-11 15.07.11.png

  6. ↓の画面が出たら有効化完了です
    スクリーンショット 2020-03-11 15.07.28.png

  7. もう一度左下の歯車を押すと同期機能を設定できます
    スクリーンショット 2020-03-11 15.08.22.png

jolypas
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした