Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

お前らのGo開発環境は間違っている!GOPATHからの解放。

Welcome Gopher

Gopherの皆さんこんにちは。

Goの環境構築をより使いやすく、そしてシンプルにするためにこの記事を書きました。

Goの環境構築時に、GOPATHを設定した方が対象です。

GOPATHからの開放

Goの開発環境を構築する際に、GOPATHを設定する記事が散見されます。

しかし、時代は変わるもの、Goのエコシステムも大きく変わろうとしています。

長い間Goの環境を支えてきたGOPATHも、Go 1.13からは廃止されたようです(たぶん)

Goのブログにも記載されています

Our aim is for Go 1.13, scheduled for August 2019, to enable module mode by default (that is, to change the default from auto to on) and deprecate GOPATH mode. In order to do that, we’ve been working on better tooling support along with better support for the open-source module ecosystem.

GOPATHに変わり、GO 1.11から実装されたmoduleが今後のGoの開発には大きく貢献していくでしょう。

これから、Go開発に乗り出そうとする人は過去の栄光を捨て去り、これまでGoで開発してきた人は既存プロジェクトの様子を見ながら新しいGoのエコシステムに乗り換えましょう。

Goプロジェクトにmoduleを導入

と言っても、環境構築をさらに楽にするために導入されたmoduleなので、導入も驚くほど簡単です。
より詳しい情報は、公式ページを確認してください

Goのインストール

On Mac

terminal
$ brew install go

プロジェクトのセットアップ

GOPATH以外のディレクトリで、プロジェクトを作成します。

と言うのも、GOPATH以下のディクトリでは、moduleは無効になっています。
GOPATHを指定していない場合、デフォルトでは,$HOME/goになっているので、それ以外のディレクトリでプロジェクトを作ります。

terminal
$ mkdir go-module-env

$ cd go-module-env

Go moduleの導入

モジュール名、もしくはプロジェクト名でmoduleを初期化します。

terminal
$ go mod init go-module-env
go: creating new go.mod: module go-module-env

ソースコードの作成

ソースコードを用意します。

以下のコードは、Goの軽量WebフレームワークGinを用いた、サーバーに送られるリクエストをリッスンして、JSONを返すだけの簡単なwebアプリです。
main.goに、Ginを使用したコードを書きましょう。
(ソースコードは、Ginのリポジトリからお拝借)

terminal
$ echo 'package main
import "github.com/gin-gonic/gin"
func main() {
        r := gin.Default()
        r.GET("/ping", func(c *gin.Context) {
                c.JSON(200, gin.H{
                        "message": "pong",
                })
        })
        r.Run() 
}' > main.go

or

terminal
$ touch main.go
main.go
package main
import "github.com/gin-gonic/gin"
func main() {
        r := gin.Default()
        r.GET("/ping", func(c *gin.Context) {
                c.JSON(200, gin.H{
                        "message": "pong",
                })
        })
        r.Run() 
}

Build!!!

ビルドしましょう!

terminal
$ go build
go: finding module for package github.com/gin-gonic/gin
go: found github.com/gin-gonic/gin in github.com/gin-gonic/gin v1.5.0

ちなみに、go.modを見ると、パッケージとその依存関係を確認できます。

terminal
$ cat go.mod
module go-module-env

go 1.14

require github.com/gin-gonic/gin v1.5.0

Goのバージョンがgo 1.14で、gin v1.5.0の依存関係を明示しています。

Run!!!

ビルドで作成された実行ファイルを使い、ソースコードを実行します。

terminal
$ ./go-module-env
[GIN-debug] [WARNING] Creating an Engine instance with the Logger and Recovery middleware already attached.

[GIN-debug] [WARNING] Running in "debug" mode. Switch to "release" mode in production.
 - using env:   export GIN_MODE=release
 - using code:  gin.SetMode(gin.ReleaseMode)

[GIN-debug] GET    /ping                     --> main.main.func1 (3 handlers)
[GIN-debug] Environment variable PORT is undefined. Using port :8080 by default
[GIN-debug] Listening and serving HTTP on :8080

実行時に、ネットワークへの接続の許可の画面が表示されます。
「許可」で許可しましょう。
スクリーンショット 2020-03-18 8.55.55.png

これで、全ての準備が整いました。
http://localhost:8080/ping にアクセスしてみましょう。

スクリーンショット 2020-03-18 9.13.24.png

JOSN形式で、レスポンスが返ってきました。

では、ターミナルを見てみましょう。

terminal
[GIN-debug] [WARNING] Creating an Engine instance with the Logger and Recovery middleware already attached.

[GIN-debug] [WARNING] Running in "debug" mode. Switch to "release" mode in production.
 - using env:   export GIN_MODE=release
 - using code:  gin.SetMode(gin.ReleaseMode)

[GIN-debug] GET    /ping                     --> main.main.func1 (3 handlers)
[GIN-debug] Environment variable PORT is undefined. Using port :8080 by default
[GIN-debug] Listening and serving HTTP on :8080
[GIN] 2020/03/18 - 09:13:11 | 200 |     236.388µs |             ::1 | GET      /ping

先ほどのコマンドの一番下に、/pingへのGETリクエストを取得して、200ステータスを返していることが確認できました。

これで、Go moduleを使ったGoプロジェクトの作成が終わりました。

うむ、簡単である

Happy Hacking :sunglasses: !

acompany
秘密計算エンジン「QuickMPC」の開発をしています。 データの中身を知ることなく、任意の計算を実行できる秘密計算技術を使って、 「なめらかなデータ活用社会」を創ることを目指しています。
https://acompany.tech
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away