Help us understand the problem. What is going on with this article?

milkcocoa-toolを使ってMilkcocoaのデータをCSVでエクスポートする

More than 3 years have passed since last update.

そういえば、社内で頼んだら部谷さんが一瞬で作ったmilkcocoa-toolというツールがあります。今回はこちらのご紹介です。

インストール

npmでサクッとグローバルインストール!

sudo npm i milkcocoa-tool -g

CSVでエクスポート

以下のコマンドでエクスポートします。

milkcocoa-tool export-csv --app_id <あなたのApp ID> --host <あなたのApp ID>.mlkcca.com --ds <あなたのデータストア名> --apikey <あなたのAPI Key> --apisecret <あなたのAPIシークレット>

こちら修正完了したようです!

すると...

permission denied

ありゃ、現在API Keyが効かないようです(以下のissueで対応中です)

--apikey xxx --apisecret xxxオプションが効かない? · Issue #1 · milk-cocoa/milkcocoa-tool · GitHub

「認証済みクライアント以外を接続不可にする」を無効にしてみる(危ないので非推奨)

修正後API Key使えるようになったのでそちらでやりましょうー

とりあえず動作確認のためにアプリの認証設定の「認証済みクライアント以外を接続不可にする」を無効にしてみました。

image

API Keyとかいらないので以下のコマンドを実行。

milkcocoa-tool export-csv --app_id <あなたのApp ID> --host <あなたのApp ID>.mlkcca.com --ds <あなたのデータストア名>

エクスポート完了

以下のようなファイルがエクスポートされました!(デフォルトではコマンドを実行した場所にoutput.csvという名前でエクスポートされますがファイル名やパスを指定するには--outputオプションを使います)

image

まとめ

ご覧のようにプロパティを良い感じで列に変換してくれるので楽ですね!これは色々と使い道がありそうです。

joeartsea
Chief Technical Officer at Uhuru Corporation. enebular, Milkcocoa, Node-RED
https://about.me/joeartsea
uhuru
株式会社ウフルはインターネットによる革新的なサービスがお客様企業の価値向上につながる事を目指し「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げています。エッジとクラウドを “つなぐ” IoTオーケストレーションサービス「enebular®」をベースにIoTやデジタルマーケティングの領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けております。
https://uhuru.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした