Help us understand the problem. What is going on with this article?

Numeric#to_sの返り値のエンコーディング

More than 5 years have passed since last update.

先日、いろんなエンコードで動くようなコードを書いている時に気づいたことなのですが、

p 1.to_s.encoding # #<Encoding:US-ASCII>

なんと、このエンコーディングはUS-ASCIIとなっていました。

ソースを追いかけてみると、FixnumBignumFloatともに、US-ASCII固定で値を返していました。実行環境を問わずこの仕様のようです。

影響する場面は少ないけれど

もっとも、シフトJIS、EUC、UTF-8、ISO-8859-1など、ASCIIの文字がそのまま表現できる文字コードの場合、これらのコードの文字列とUS-ASCIIの文字列と連結することも普通に出来ますし、上位互換の文字コードが指定された正規表現をASCII文字列に走らせることもできます。またRubyのソースコードはこれらのASCII互換の文字コードで書かないといけないので、実質影響する場面としては、

  • UTF-16など、ASCII互換でない文字コードのデータを使っている場合
  • メソッドで入力値の文字コードを厳密に判定する場合

など、そこまで多くないとは思います。

jkr_2255
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした