Help us understand the problem. What is going on with this article?

ディレクトリごとにBabelの設定を変える

More than 1 year has passed since last update.

Babelを運用するに当たって、一部のディレクトリだけ設定を変更することができます。

必要になった動機

作っているシステムの中でService Workerを導入しようとしたのですが、Service Worker内ではfetchだけでなくcacheも非同期実行となっていて、Promiseだけで書くのも辛くなって、async-awaitを使いたくなってきました。

本体プログラムはIE11も切り捨てずに作っていたため、@babel/polyfillの巨大さが気になってasync-awaitを取り入れられずにいたのですが、Service Workerは機能自体がIE11に非対応ですし、本質的に「動かなければそれでいい」と割り切れるものなので、「async-awaitをそのまま出力してしまおう」という考えに至りました。

複数の.babelrc

ドットファイル系の設定ファイルではよくある話ですが、.babelrcでもディレクトリごとにファイルを置いて、設定変更が可能です。Babelのサイトにはnode_modulesを挟んだ場合の制約などが書いてありますが、1つのプロジェクト内で設定する分には問題となりません。

設定を行う

必要な設定は、

  • async-awaitの変換を止める
  • (ついでに)Service Workerとasync-awaitに対応できるブラウザ向けのコードを吐かせる

の2つです。@babel/preset-envで一部のプラグインをexcludeできるとのことだったので、以下のような設定となりました。

.babelrc
{
  "presets": [
    ["@babel/preset-env", {
      "modules": false,
      // ServiceWorkerとasync-awaitが効く最低限
      "targets": {
        "chrome": "55",
        "firefox": "52",
        "ios": "11.4",
        "edge": "17"
      },
      "exclude": ["transform-regenerator"]
    }]
  ]
}

という感じとなりました。なお、途中にコメントが入っていますが、.babelrcJSON5を取り入れているため、途中にコメントが入っても構いません

まとめ

ターゲットが限られる場面では、積極的にターゲットを指定すれば、新しいJavaScriptでコンパクトなコードを生成することができます。

jkr_2255
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away