Datadog
FAQ
カスタムメトリクス

Datadogのカスタムメトクスの計算方法

More than 3 years have passed since last update.

今回のカスタムメトリクスに関する記事は、Datadognのナレッジベースサイト内で発見したものを翻訳しています。この記事以外にも、困った時に参考になるティップスがたくさんあります。Datadogを使おうと思っている人は、ブックマークに追加しておくといいと思います。



What is a custom metric and what is the limit on the number of custom metrics I can have?


カスタムメトリクスの定義、及び、カスタムメトリクスの数量制限は?


A custom metric refers to a single, unique combination of a metric name, host, and any tags. We currently have a limit of 100 unique custom metrics per host. This limit is enforced as a total across your entire infrastructure rather than on a per-host basis. So for 3 hosts, you would get 300 custom metrics.


カスタムメトリクスは、metric name, host, tag のユニークな組み合わせを1個として計算します。現在Datadogでは、1ホストベースあたり100個のカスタムメトリクスの制限を設けています。この制限は、個別ホストに対しての制限ではなく、インフラに帰属するホスト全体の対して制限になります。従って、インフラに3台のホストが存在している場合、300個のカスタムメトリクスの送信枠を保有いていることになります。


Below shows three scenarios which would all be acceptable without going your allotted custom metrics:


以下の図の三つのパターは、すべて許容範囲に入る組み合わせです。(カスタムメトリクスの制限をクリアしています)

Custom Metrics 300.jpg


These custom metrics refer to any that you send using statsd, dogstatsd, or the API. Built-in metrics through the agent or integrations do not count toward this limit. Here is an example set to demonstrate what counts as a unique and non-unique metric:


これらのカスタムメトリクスは、statsd, dogstatsd, Datadog APIを使って送信されたものに適応されます。Datadog Agentがデフォルトで収取していメトリクスやIntegrationが収取しているメトリクスについては、メトリクスの制限を計算する上では対象外になります。

以下の内容は、ユニークと否ユニークなメトリクスの例です。


Example metric name: auth.exceptionCount


メトリクス名の例: auth.exceptionCount


Example Tags: "method:X", "method:Y", "exception:A", "exception:B"


Tagの例: "method:X", "method:Y", "exception:A", "exception:B"

以下は、カスタムメトリクスのカウントに含まれます:


Unique metrics:


ユニークなメトリクスの例:(否同一メトリクス)


auth.exceptionCount with tag “method:X”

auth.exceptionCount with tag “method:Y”

auth.exceptionCount with tags “method:X” and “exception:A” //unique because of new tag “exception:A”

auth.exceptionCount with tags “method:X” and “exception:B”

auth.exceptionCount with tags “method:Y” and “exception:A”

auth.exceptionCount with tags “method:Y” and “exception:B”


以下は、カスタムメトリクのカウントに含まれません:


Non-unique metrics:


否ユニークなメトリクスの例(同一メトリクス):


auth.exceptionCount with tags “method:X” and “exception:A”

auth.exceptionCount with tags “exception:A” and “method:X”

We also encourage that metrics are kept under 1000 tags for querying purposes. Going over this amount will slow down your graphs in your dashboards because of the increase in cardinality.


Queryをスムーズに実行する目的から、各メトリクスに設置するタグの上限を1,000個に抑えることを推奨しています。これ以上の数のタグを設置した場合、付随処理の量が増加するため、ダッシュボード上のグラフの表示や更新に時間がかかるようになります。


Native metrics like those that ship with the Datadog Agent (CPU, memory etc.) and Integrations metrics, do not count as custom.


Datadog Agentが収集する基本メトリクス(CPU, memory etc.)と各アプリケーション向けのインテグレーションが集めるメトリクは、カスタムメトリクスにはカウントしません。


You can check the number of "distinct metrics" in the metric summary page. If you need a higher custom metric limit, please email support@datadoghq.com and we'll connect you with your Customer Success Manager to discuss your options.


"distinct metrics"()は、メトリクスサマリーページで参照することができます。現在よりも高い制限値が必要な場合は、support@datadoghq.comまで、メールでご連絡ください。弊社のカスタマーサクセスマネージャーがご相談に対応させていただきます。