Windows10
VirtualBox5.0
Vagrant1.7.4

VagrantでWindows7にWindows10を立てる

Windows 7 (ホストOS)の作業

Windows 10 の仮想マシンを初期設定

> vagrant init Microsoft/EdgeOnWindows10

Vagrantfileの編集

Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "Microsoft/EdgeOnWindows10"
  config.vm.guest = :windows
  config.vm.communicator = "winrm"
  config.winrm.username = "user"
  config.winrm.password = "user"
  config.winrm.retry_limit = 30
  config.winrm.retry_delay = 10

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  config.vm.network "public_network"
end

仮想マシンの起動

> vagrant up

エラーがいろいろ表示されるが、とりあえず動くはず。

Windows 10 (仮想OS) の作業

Virtual BoxからWindows 10にアクセスする。

日本語化

以下の記事を参考にしてください。
Windows10を日本語化する

すべてのパブリックネットワークをプライベートネットワークに変更

[コントロールパネル] > [ネットワークと共有センター] > [アクティブなネットワークの表示]に表示されているすべてのパブリックネットワークをプライベートネットワークに変更する。

ただし、ネットの情報によるとGUIでは変更できないことが多いらしい(自分の環境でもそうだった)。
そんなときでも、以下のサイトの手順により設定変更できる。
Windows10のネットワーク設定で、プライベートネットワークの設定が出来ません。

ユーザーの作成

Win RMでアクセスするユーザーを作成する(=前述のVagrantfileに記載したユーザー)。

  • アカウント:user
  • パスワード:user

Win RM の設定

Windows PowerShellを管理者権限で実行する。

PS> winrm qc

確認を求めるプロンプトでは「y」を入力する。

PS> winrm set winrm/config/service/auth '@{Basic="True"}'
PS> winrm set winrm/config/service '@{AllowUnencrypted="True"}'

OSのシャットダウン

本来はVagrantで停止したいが、現段階では機能しないのでOSからシャットダウンする。

Windows 7 (ホストOS)の作業

この段階でこれまでの設定がすべて有効になるので、今後は以下のようなVagrantコマンドが実行可能。

> vagrant up
> vagrant reload
> vagrant halt